iPhoneの3D Touchならリンクチェックが超簡単!リンク先を覗いて100件以上のチェックも数分で完了。

iPhoneの3D Touchならリンクチェックが超簡単!100件以上のリンクも数分でチェック完了。

ブロガーやWebデザイナーの方、iPhoneの3D Touchはリンクチェックに使えますよ。

iPhone 6 Plusから7 Plusに機種変して初めて使った3D Touch。画面をグッと押し込むことでタップとは違う別の操作ができる便利な機能です。使い始めたらこれが意外と使えることが判明し、これまでに2つほどエントリーを書きました。

これに加えて、さらに便利な使い方を見つけたのでご紹介。先日、Amazonプライムビデオで見放題の海外ドラマ61作品を紹介したんですが、その時に大変だったのがリンクの設定。

スポンサーリンク

iPhoneの3D Touchでリンクチェックする方法

なんせ1つの作品につき、画像リンクとテキストリンクを1つずつ設定したので、合計で122個ものリンクを設定することになりました。

それぞれのリンク先のURLをコピーして貼り付けるという、地味で単純な作業です。最初の20作品ぐらいまでは集中してましたが、30作品を超えると注意力が散漫に。同じURLを貼り付けたり、リンク変えるの忘れてるだろうなぁと、作業しながら「こりゃ、最後のリンクチェックはやらないとダメだな」と思ってました。


前置きが長くなりましたが、ここからが本題。

まず、iPhoneの3D Touchを使ってリンクチェックするには、iPhone 6s/6s Plus以降の3D Touchに対応したiPhoneが必要です。現時点では、

  • iPhone 6s/6s Plus
  • iPhone 7/7 Plus

が対応してます。6sのあとに発売されたiPhone SEは対応してません。iPadやiPad Proにも搭載されていません。


あと、ブラウザはSafariを使います。Google Chromeでは今回紹介する方法は使えません。

3D Touch搭載のiPhoneでSafariを起動し、リンクチェックしたいページを開きます。

Safari ページ内に表示されてるリンクをぐっと押し込む
上記ページには画像とテキストにリンクを貼ったので、それぞれのリンクをグッと押し込みます。


Safari 3D Touchのウィンドウが表示され、リンク先のページを読み込んでいます
3D Touchのウィンドウが表示され、リンク先のページを読み込んでいます。


Safari 3d touch 16112404
リンク先が表示されました。設定したリンクは間違えていないようですね。

手を離すと、3D Touchのウィンドウが閉じて元の画面に戻ります。これを全部のリンクで行って、リンク先が間違えていないかひたすらチェックしていきました。122個のリンクチェックを、ほんの一瞬とはいきませんが、数分で終えることができました。

リンクを押し込むことでリンク先をちょっとだけ覗けるので、わざわざ1ページずつクリックしてページ遷移するよりも、かなり時間を短縮できたのは間違いありません!


今回は間違いがないか知るためのリンクチェックとして使いましたが、Safariで検索結果を調査する時にも使えますよ。

ブロガーやWebデザイナー、サイト運営者の方、ぜひやってみてください。便利ですよ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。