ピクチャインピクチャ(PinP)のウィンドウを好きな場所に移動する方法

  • 更新:
  • 公開:2016.12.29
  • by
  • カテゴリ:Macの使い方

ピクチャインピクチャのウィンドウを好きな場所に移動する方法

通常、画面の四隅にしか配置できないウィンドウを好きな場所へ!

ながら作業の決定版「ピクチャインピクチャ」。動画を画面の四隅に配置して、動画を見ながら作業できるmacOS Sierraの便利な機能です。表示させる方法は以前エントリーしましたが、ピクチャ イン ピクチャ(Picture in Picture、以下PinP)のウィンドウって、通常は画面の四隅にしか配置できない仕様になっています。

メイン作業を邪魔しないための仕様なんですが、PinPの後ろの画面をちょっと見たいって時がたまーにあるんです。そんな時は、あるキーを一緒に押すと好きな場所に動かすことができるようになります。

スポンサーリンク

PinPのウィンドウを好きな場所へ移動する

まずは動画をピクチャ・イン・ピクチャにします。

動画をピクチャ・イン・ピクチャする
画面はYouTubeの画面。2回、右クリックして「ピクチャ・イン・ピクチャにする」を選択します。


右下にPinPの画面が表示されました。

四隅に表示されたPinPの画面をcommandキーを押しながら移動
これを好きな場所に移動するには、

command キー を押しながらPinPのウィンドウを移動する

だけ。


PinPの画面を好きな場所に移動できる
これだけでPinPの画面を好きな場所へ移動できるようになります。

Commandキーを押さずに画面を移動すると、四隅に戻ります。


ピクチャ・イン・ピクチャの場所を変えたい方、ぜひお試しを。

以上、「ピクチャインピクチャ(PinP)のウィンドウを好きな場所に移動する方法」でした。


今年もいろいろ買い物しましたが、Mac関連で一番買ってよかったのはメモリですね。メインマシンiMacのメモリを、8GB→24GBに増設しました。増設したメモリや増設方法についてはこちらに詳しくまとめてます。(→ iMacのメモリを増設(8GB→24GB)したら、ライブ変換のもたつきが一発で解消!超快適すぎる!!!

これで作業が格段に快適になりました。約4年前に購入したiMacですが、おかげでまだまだ現役で使えてます。あと1年ぐらいはいけるんじゃないかな。iMacの動作がもっさりしてきたなぁと感じてるかたはお試しを。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。