iPhoneやMacの音声入力でスペースを入力する方法は…ない。

  • 更新:
  • 公開:2016.12.22
  • by
  • カテゴリ:iPhoneの使い方

iPhoneやMacの音声入力でスペースを入力する方法は…ない。

以前は「スペースバー」で入力できてたみたいだが仕様変更で入力不可に。

iPhoneの音声入力が非常に優秀なので、周りに誰もいないところでは積極的に使うようにしてます。特に、ブログの下書きや文字起こしの時に重宝してます。認識が早くて、誤字脱字も少ない。キーボード入力が苦手な方は、積極的に使うのをおすすめします。(ちなみに、Macの音声入力は認識力やスピードが劣ります。iPhoneの方が実用的です。)

そんな便利な音声入力ですが、1点だけ不満が。

それは、空白スペースが入力できないこと

スポンサーリンク

iPhoneの音声入力では空白スペースは入力不可

つい先日のこと。

寒くて手がかじかんで、iPhoneのフリック入力がどうもうまくいかない。手も冷たい。だったら、音声入力があるじゃないかと、検索キーワードを入力する時に音声入力で試してみました

検索する時って、複数の単語を入力するじゃないですか。

その時に必ず必要なのが、空白スペースです。

iPhone スペースバーの入力ができない
一つの単語を音声で入力後、スペースを入力しようといろんな言葉で試してみました。

空白」「スペース」「半角スペース」「全角スペース」などなど、考えつくあらゆる言葉を入れてみましたがどれもダメ。

調べてみると、過去のiOSでは「スペースバー」という言葉で入力できたようなので試してみるもダメ。全然ダメ。

もう「スペースバー」は使えなくなってました。


「てん(、)」「まる(。)」「改行」、その他のいろんな記号は音声で入力できるんですが、空白スペースだけは完全に無理みたいですね。

僕が今回試したのは、iOS 10.2のiPhone 7 Plusでした。

音声入力、かなり使えるので積極的に使いたいんですが、こんなところにちょっとした足かせができてしまいましたね。

今後のiOSのバージョンアップで対応してくれるとうれしいなぁ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。