ParallelsにインストールしたWIndowsの「かな/英数」切り替えをMacのキーボードに合わせる方法

  • 更新:
  • 公開:2016.11.19
  • by
  • カテゴリ:Macの使い方

ParallelsにインストールしたWIndowsの「かな/英数」切り替えをMacのキーボードに合わせる方法

Parallels(パラレルズ)のWindows7で「かな/英数」の切替えが面倒くさい…

SEO対策のプロも使ってるド定番の検索順位チェックツール『GRC』。Windowsアプリなので当然ながらWindows環境がないと使えません。これまでは、無料で使える仮想ソフトのVirtualBoxにWindows7をインストールして使ってましたが、どうも動きが遅い。なんとかごまかして使ってましたが、ここ最近はフリーズすることが多くなり作業に支障が出るようになってました…。

これじゃ仕事にならん!というわけで、有料でかなり評判の良い仮想化ソフト『Parallels Desktop 12 for Mac』を購入し、Winodows7をインストールしてみたら…なにこの快適さ!起動はむちゃくちゃ速いし、コヒーレンスモードでWindowsアプリがまるでMacアプリかのように扱えるし、MacとWindowsのファイル共有・移動も超簡単。4〜5万円の安いWindowsマシンを買おうかと思ってたけど、Parallelsで十分、というか、これじゃないとダメ!というほど気に入ってしまいました。Macをメインで使っててWindows環境が欲しい方には超オススメの仮想化ソフトです。

そんな素晴らしいParallelsですが、キーボードの入力にちょっと問題が。

スポンサーリンク

MacのハードでWindowsを動かすので、Windowsを使う時にはもちろんMacのキーボードを使います。MacのキーボードにはWindowsのキーボードにある「半角/全角」キーがありません。そのため、ParallelsでWindowsを使う時には、「かな」「英数」を言語バーでいちいち切り替えることになります。

これはかなり面倒くさいので、Windowsを使う時もMacと同じように、スペースキーの左右にある「英数」と「かな」キーで「かな/英数」の切替えができるように設定しておきました。

WindowsのIMEでキー設定を変更する

今回設定した環境は以下の通り。

  • iMac(27インチ Late 2012)
  • Parallels Desktop 12 for Mac(通常版)
  • Windows 7 Home Premium Service Pack 1


まず、ParallelsにインストールしたWindows 7を起動。

言語バーのMicrosoft IMEでツールをクリック
言語バーのMicrosoft IMEで「ツール」をクリックし、「プロパティ」を開きます。


Microsoft IME のプロパティ 編集操作
Microsoft IME のプロパティ」ウィンドウが表示されるので、その中の「編集操作」タブの「変更」をクリック。


Microsoft IME 詳細プロパティ キー設定
Microsoft IME 詳細プロパティ」ウィンドウが表示されるので、「キー設定」タブの「*キー」で「ひらがな」を探します。見つけたら「入力/変換済み文字なし」の列にある「ひらがなキー」を選択し、「変更」をクリック。


機能選択ウィンドウ
機能選択」ウィンドウが表示されるので、「IME-オン」を選択して「OK」をクリック。これで、かなキーでひらがな入力ができるようになりました。


Microsoft IME 詳細プロパティ キー設定
次は、「Microsoft IME 詳細プロパティ」ウィンドウで、「*キー」の「無変換」を探します。「かな切替」を選択し、「変更」をクリック。


機能選択ウィンドウ
機能選択」ウィンドウで、「IME-オフ」を選択して「OK」をクリック。これで、英数キーで英数入力ができるようになりました。

これで、ひらがなと英数字の切り替えが簡単にできるようになりました。

基本的にはこれで大丈夫だと思いますが、Parallels Desktopをcoherence(コヒーレンスモード)で使った場合、英語キーボードが邪魔して「かな/英数」の切り替えがうまくいかないことがあります。対応方法は下記「英語キーボードは消しておくと確実」を参照ください。

キー設定を標準(初期設定)に戻す方法

上記で設定したキーを標準(初期設定)に戻したい場合は、

Microsoft IME のプロパティ
Microsoft IME のプロパティ」で「全般」タブにある「標準に戻す(S)…」をクリックします。


全ての設定を標準状態に戻す
「この機能を実行するとMicrosoft IME の設定がすべて標準状態に戻ります。実行しますか?」と表示されるので、「はい(Y)」をクリック。


実行の確認
「この操作はキャンセルできません。実行しますか?」という最終確認が表示されるので、「はい(Y)」をクリックすれば、初期設定に戻ります。

英語キーボードは消しておくと確実

Parallels Desktopをcoherence(コヒーレンスモード)にしてると、英語キーボードが邪魔して「かな/英数」の切り替えがうまくいきませんでした。

初期設定では、日本語のキーボードと英語のキーボードがインストールされているので、英語キーボードは削除しておきました。

言語バーの設定を変更する
言語バーにある「▼」をクリックして「設定(E)…」を選択します。


テキストサービスと入力言語
テキストサービスと入力言語」ウィンドウで「全般」にある英語キーボードを選択します。選択すると右にある「削除」ボタンが押せるようになるので、そのまま削除します。

これで日本語キーボードのみが表示されるようになるので、「かな/英数」の切り替えが確実にできるようになりました。

ParallelsのWindowsで、日本語入力の切り替えでお悩みの方はぜひお試しを。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。