焼き目がかわいい!たった5分で耳までカリッとおいしく焼きあがるホットサンドメーカー『キルト(Quilt)』

模様もうまそう!たった5分で耳までカリッとおいしく焼きあがるホットサンドメーカー『キルト(Quilt)』

あったかくてサクッとして美味しいホットサンドが手軽に作れる

ホットサンドが美味しい季節になりましたねぇ。シンプルにハムとチーズとトマトソースを入れて、ささっと焼いたハムチーズホットサンド。サクッ、フワッ、トロ〜リの美味しさが口の中いっぱいに広がって、あ〜、食べたい!

そんなホットサンドを手軽に作ることができる、ルクルトのプレスサンドメーカー『キルト』が人気です。2015年10月にマツコの知らない世界でホットサンド特集があってから、さらにバカ売れしているホットサンドメーカーです。

見た目も可愛くて、さらにキルト模様の焼き目の可愛さも人気に火がついた理由のひとつです。

スポンサーリンク

ホットサンドとは?

好きなものをギュッとはさんで焼こう!
ホットサンドとは、ホットサンドイッチのこと。要は、温かいサンドイッチってことですね。食パンの耳を落としてトーストにしたもの、またはパンに具材を挟み込んで焼いたもの、もしくはパンに温かい具材を挟んだものもホットサンドイッチと呼びます。

ホットサンドイッチを作る専用機器は、たくさん市販されてます。IHに対応したものや、ガス専用のものまで様々。家がガスの場合なら、Amazonでダントツで売れている直火焼き用のバウルーがおすすめ。焼き加減をかなり細かく調整でき、ホットサンドのほか焼きおにぎりやフレンチトーストなども作ることができます。アウトドアにも使えるので、キャンプなどで手軽にホットサンドを作ることもできます。最近は、IH対応の直火タイプも発売されているのでAmazonで探して見てください。

短時間で耳までカリッと!お手軽ホットサンドなら『キルト』

『キルト』は電気を使用して自宅で手軽にホットサンドを作れるホットサンドメーカー。コンセントさえあれば、場所を選ばないので食卓で作ってそのまま出来上がりのアツアツをそのままパクリ!なんてこともできます。

キルト模様の焼き目がかわいいプレートには、耳付きの食パンがぴったり入るサイズ。熱伝導に優れた固定式のプレートなので、短時間で耳までカリッとおいしく焼き上げてくれます。

キルトについて知りたいなら、まずは2分ちょっとの紹介映像をどうぞ。

▼ récolte Press Sand Maker Quilt(プレスサンドメーカー キルト)

ホットサンドメーカー『キルト』の使い方

使い方はとてもシンプル。

ホットサンドメーカー『キルト』の使い方

準備も合わせで出来上がりまで約5分です。

  1. コンセントをつなぎ、カバーを閉じた状態でスイッチを入れて余熱開始
  2. カバーを開けて食パンを1枚置き、その上に好きな食材を置いてからもう1枚食パンを載せる
  3. 上の食パンがずれないように手で押さえながらカバーを閉じる
  4. 上下のハンドルを持ってハンドルロックを固定し、スイッチオン
  5. 約3分で焼き上がり。焼き上がったらカバーを開けて、トングなどでパンを取り出す
  6. 好きな形に切って出来上がり

電源式なので直火式のようにひっくり返す手間もかからないし、プレートを190度に保つサーモスタット機能があるので、常に焼き加減をチェックする必要もありません。ほっとけばできあがり。楽ですね。


2種類の味を同時に焼き上げられる
食パンを折りたたんで焼けば、2種類のホットサンドを同時に作ることもできます。半分に折ることで、サイズ感もちょうどよくなり、切らずにそのままパクッと食べられます。忙しい朝にもぴったりです。


厚みに合わせてハンドルロックが3段階
パンや具材の厚みに対応できるよう、ハンドルには3段階のロックがついてます。4枚切りの分厚い食パンも使えますよ。


33品目のレシピが付属
33品目を載せたレシピブックが付属。ベーシックな「ハム&チーズ」から「ベリー&デニッシュ」といったアレンジメニューまで、初めてのホットサンドの場合でも安心です。


キルトの特徴
食材が焦げ付きづらいノンスティック加工。プレートを190度に保つサーモスタット機能。底面には、テーブルが熱くならないように4本の脚が付属。


キルト商品の化粧箱

カラーバリエーションは、レッドとベージュの2色。

本体サイズ:(約)幅13×奥行23×高さ9.5cm
重さ:約1kg
プレート:(約)幅12×奥行13cm
コード長:(約)95cm
保証期間:お買い上げから1年間

商品も可愛いですが、商品の箱まで可愛く仕上がってます。

個人用としてだけでなく、プレゼント用のホットサンドメーカーとしてもぴったりです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。