ジェットブラックのiPhone 7は、傷がつきやすいというより「傷が異常に目立ちやすい」が正解

iPhone 7 Plus ジェットブラック

え?いつ?ジェットブラックのiPhone 7は傷ついたタイミングがほとんど分からないほど傷がつきやすい。

iPhone 7 Plus ジェットブラックを購入して4日が経過。10月1日に機種変更して、レザーケースが届くまでの2日間は、6 Plusにつけてたケースのカメラ部分をカッターで大きく切り抜いて使ってました。(レザーケースのレビューは後日。)

そして今日、ジェットブラックのピカピカっぷりを楽しもうと、ケースを外して背面を愛でていると、何かうっすらと線が入ってる…。汚れかな?とクリーニングクロスで拭いても落ちない…。おぉぉぅ、やっぱり傷でした〜。

Appleが公式にジェットブラックは傷がつきやすいと認めているので覚悟はしてたけど、まさか傷つけたタイミングさえ分からないほどのレベルだとは予想もしてませんでした。

スポンサーリンク

購入から4日間 裸で使ったのは約3時間なのに傷が…

まずは前面から見ていく。

iPhone 7 ジェットブラックの前面上
前面の上部分。ここは特に問題なし。きれいなジェットブラックです。


iPhone 7 ジェットブラックの前面下
前面の下部分。ここも傷はなし。

前面はオールクリーンでした。


次は背面。

iPhone 7 ジェットブラック背面
ピカピカ光沢のおかげで反射するものによって、色を自在に変えるジェットブラック。こうやって全体を見るとキレイなんだけどね…。


iPhone 7 Plus ジェットブラック背面のカメラ部分
デュアルカメラの周辺。ここはiPhone 7 Plusで一番出っ張ってるので傷がつきやすい部分ですが、今のところ目立った傷はなし。


・・・そして、今回ついた初めての傷がこれ。

iPhone 7 Plus ジェットブラック背面に入った傷
背面の真ん中に、うっすらとついたライン。クリーニングクロスで何度も拭いてみましたが、落ちません。完全に傷でした。ただ、光をあてて角度を変えて見ないと分からないぐらいの小さな傷でした。

それにしても、いつこんな傷がついたのかがまったく分からない。

購入直後の数時間は、手触りを楽しむために3時間ほどなにもつけない裸の状態で使ってました。その時も、机の上にはタオルを敷いて傷がつかないようにしてたし、何かにこすった記憶もなし。あとは、ジョギングするときに何度か別のケースに替えたぐらい。いくら考えても、原因がわからないのが妙に気持ちが悪い…。


あともう一箇所。

iPhone 7 Plus ジェットブラック背面下の角
背面下の角部分。ケースを付けたり外したりしたときに付いた傷ですね。これもよく見ないとわからないような小さな傷です。


傷はつくだろうと思ってましたが、予想以上に傷がつきやすくて驚きました。

ただ、逆に傷がついたことによって、たまに裸で使ってみたくなりました。というのも、ジェットブラックの表面は全面がガラスのような感触なので、ちょうどいいぐらいの吸着感があるんですよね。手に吸い付く感じ。多少傷はついてもいいので、その感触を楽しむのもいいかなと。

ただ、傷がつくのが嫌な方は、必ずケースをつけるのがいいでしょう。ジェットブラックは、間違いなく傷がつきます。というか、「傷が異常に目立ちやすい」という表現の方がぴったり。おそらくシルバーやゴールドなら、見つけられないくらいの傷でもジェットブラックならすぐに分かってしまう。そんな感じですね。

ジェットブラックに合いそうなクリアケースをピックアップしてるので、ケースを探してる方は参考にどうぞ。中にはジェットブラックだと密着した部分がベタ〜っと模様になるものもあるようです。Amazonのレビューも必ず目を通すようにしてください。

ジェットブラックのiPhone 7/7 Plusに着けたいクリアケース5選 190円の激安ケースあり|SKEG*log

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。