iPhone 7/7 Plusを強制再起動する方法

  • 更新:
  • 公開:2016.10.20
  • by
  • カテゴリ:iPhoneの使い方

iPhone 7 Plus

画面が固まっても安心。物理ボタンがなくなったiPhone 7を強制再起動する方法

コンピュータを使っている時に必ず起きるフリーズ(画面が固まってマウスやキーボードが全く効かなくなること)。iPhoneもそれは同じ。iPhone 7 Plusを使い始めて2週間ちょっと経ちましたが、1回だけ画面がフリーズして動かなくなりました。

タップしても無反応。もちろんスワイプもできない…。

スポンサーリンク

再起動しようとして電源ボタンを長押。「スライドで電源オフ」は表示されるけど、スワイプができないのでこれ以上どうしようもない。

もうこれは強制再起動しかないので、これまでの方法でやろうとするも…。

あらら、ホームボタンが押せない…


ちなみに、iPhone 6s/6s Plus以前のモデルで強制再起動する方法はこちら。

iPhone使ってて何かおかしいと感じたら、何でも治せる強制再起動を(人に聞く前に)やってみよう

iPhone 7からはホームボタンが生まれ変わりました

iPhoneが耐水仕様になり、それに合わせてより耐久性が高く、反応が良く、圧力を感知するソリッドステートボタンになりました。そして、新しいTaptic Engineにより、物理的なボタンがなくても機械的にボタンを押したかのような触覚的な反応を返してくれます。

ただ、ソリッドステートボタンの場合、ソフトウェアでボタンを制御しているので、OSがフリーズしていると全く効かなくなるんですね。ボタンではなく、ただの凹みになってしまいます。

そのため、「電源ボタン」と「ホームボタン」を長押しするこれまでの強制再起動方法が使えなくなりました。

iPhone 7を強制再起動する方法

ホームボタンが使えなくなったiPhone 7で強制再起動するにはどうすればいいのか。

その答えは「音量を下げるボタン」でした。

物理ボタンがなくなったiPhone 7/7 Plusで強制再起動する方法

iPhone 7/7 Plusを強制再起動するには、

「電源ボタン」「音量下げるボタン」を長押しです。

  1. 電源ボタンと音量下げるボタンを同時に長押し
  2. 画面が真っ黒になっても手は離さずそのまま
  3. Appleロゴが表示されたら手を離す

iPhoneがフリーズしたときはもちろん、タップやスワイプが効かなくなった時に覚えておくと便利な強制再起動。

iPhone 7からは「電源ボタン」と「音量下げるボタン」ですよ。

きっと役に立つ日が来るので覚えておくと困らずにすみます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。