YouTubeを視聴制限する方法 13歳未満の子供に見せる前に必ずやっておきたいこと

YouTubeを視聴制限する方法 13歳未満の子供に見せる前にやっておきたいこと

YouTubeで子供に見せたくない性的・暴力・犯罪などの不適切動画を視聴制限する方法

役立つものから感動させられるものまで、とにかくたくさんの動画がアップされているYouTube。今では情報収集のひとつとして欠かせないものになりました。でも、中には大人でも目を覆いたくなるような衝撃的な動画から、鼻の下が伸びてしまうエロいものまで、いわゆる年齢制限が必要なものもたくさんアップされてます。

そういうものは当然ならが子供には見せたくない。

だから、うちの場合は子供がYouTubeを見る時は、視聴制限の設定をするようにしてます。

スポンサーリンク

Googleアカウントは13歳未満は作れない!

一番安全な方法は、子供用のGoogleアカウントを作って、そのIDでログインしてYouTubeを見ること。そうすれば、子供の年齢に応じて自動的に以下の内容を含むコンテンツは見られないようになります。

  • 下品で乱暴な言葉遣い
  • 暴力的でショッキングな映像
  • ヌードおよび性的なものを暗示するコンテンツ
  • 危険な行為や不正な行為が含まれた描画

ただ、YouTubeを含むサービスで使うGoogleアカウントには年齢要件があって、国ごとに異なってます。

  • 米国: 13 歳以上
  • スペイン: 14 歳以上
  • 韓国: 14 歳以上
  • オランダ: 16 歳以上
  • その他の国: 13 歳以上

日本は「その他の国」に含まれるので「13歳以上」にならないとGoogleアカウントが作れません。試しに10歳の娘のアカウントを作ろうとしてみましたが、「年齢に制限があるから作れない」というエラーが表示されて作成できませんでした。

というわけで、もう一つの方法で視聴制限させることにしました。

YouTubeの「制限付きモード」を使って視聴制限する

もう一つの方法とは、「制限付きモードを有効にする」です。

YouTubeを「制限付きモード」にすると、目にしたくないものや、家族が目にすることがないようにしたい不適切な可能性のある動画をできる限り排除してくれます。この制限付きモードは、コミュニティによる報告、動画の年齢制限設定などの情報をもとに特定し除外されています。

注意点がひとつ。制限付きモードはGoogleアカウントごとに設定するものではなく、使用するブラウザごとに有効しておく必要があります

なので、子供が使うiPhoneやiPad、それぞれで設定するようにしてください。

パソコンやiPhoneで「制限付きモード」を設定する方法

まずはPCで設定する方法から。以下の画面はMacのSafariのスクリーンキャプチャです。

YouTubeを開いてYouTubeアカウントにログインします。

YouTubeページの一番下までスクロールして「制限付きモード」プルダウンメニューをクリックします。

YouTube パソコンで制限付きモードをオンにする
すると「制限付きモード」の説明とオンオフボタンが表示されるので、オンにして保存をクリックすれば設定完了です。ここにも書いてある通り、制限付きモードのフィルタも100%正確だとは言えませんが、これで通常ほとんどの不適切なコンテンツは除外できます。


次は、iPhoneやAndroidで設定する方法。

YouTubeアプリを開いてアカウントにログイン。

YouTubeアプリで制限付きモードをオンにする
右上にある丸が3つ縦に並んだアイコンをタップ。続けて「設定」をタップします。


YouTubeアプリで制限付きモードフィルタを強にする
「制限付きモードフィルタ」をタップ。「強」をタップすれば制限付きモードがオンになります。

「制限付きモード」オンでどれだけ不適切な動画が排除されたか

幾つかのキーワードで検索して、オンとオフではどれだけ検索結果の数に変化があるのか試してみました。

まずは「SEX」というキーワードで検索検索。

YouTube 制限付きモード オンオフ比較
上がオフ、下がオンの状態です。オフの状態だと出てくる出てくる…卑猥な画像のオンパレードっす。一方のオフは「制限付きモードが有効になっているため、一部の検索結果が除外されています」と説明が表示されてます。内容もかなり大人しくなりました。

検索結果は、オフの状態で3,170万件もありましたが、オンにすると2,230万件まで減りました。不適切な動画が940万件も除外されました!これはいい。

iPhoneのYouTubeアプリ 制限付きモードの検索結果
iPhoneでも制限付きモードにしてやってみました。検索結果の数や「制限付きモードが有効〜」の説明はありませんが、ちゃんとパソコン版と同じ検索結果になってます。


次は「衝撃」で検索した結果。

「衝撃」で検索した結果比較
オフだと389万件、オンにすると64万件まで減りました。衝撃動画多すぎ。


次は「犯罪」。

「犯罪」で検索した結果比較
オフだと75万件、オンにすると25万件まで減ってます。


最後は、みんな大好き「ドラえもん」。

「ドラえもん」で検索した結果比較
オフだと129万件、オンにすると33万件まで減りました。「ドラえもん」という子供が好きそうなキーワードでも、約96万件もの不適切な動画がありました。この数の多さ、なんか怖いな…。ま、怖いからといって子供にYouTubeを見せない、という結論が一番短絡的だと思うので、親としてはしっかり設定をオンにして対応するのがベストかと。


「制限付きモード」は、小さいお子さんにYouTubeを見せる時は、間違いなく必須の設定です。

これやっとけば、安心して子供にYouTubeを見せられるな。

ぜひお試しください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。

よく読まれている関連記事はこちら