注意!iPhone 7 はお風呂で使うならジップロックはまだ必要。耐水だけど液体による損傷は保証の対象外。

注意!iPhone 7 は液体による損傷は保証の対象外。お風呂で使うならジップロックはまだ必要。

耐水仕様だからって油断してると水漏れによる損傷を受ける可能性も。

9月16日から発売開始されたiPhone 7/7 Plus。早速発売日に手に入れて使っている方もたくさんいると思いますが、「」にはくれぐれもご注意ください。というのも、iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えているにもかかわらず、Apple公式サイトによると「水濡れによる損傷は保証の対象外」となっているから。

スポンサーリンク

iPhone 7 水濡れによる損傷は保証の対象になりません

iPhone 7の公式サイトには以下のような注意書きが、とても小さな文字で掲載されてます。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。水濡れによる損傷は保証の対象になりません。


iPhone 7 - Apple(日本)

最後の方に「水濡れによる損傷は保証の対象になりません。」と書かれてますね。

じゃあ、「水濡れによる損傷」って具体的に何なのか?それを知るには、iPhone 7が持っている耐水・防塵性能を表す「IP67等級」の意味を知る必要があります。これについては、以下のサイトが詳しかったのでのっけておきます。

IP67 耐水・防水性能
iPhone 7はお風呂で使えるの? 防水・防塵「IP67」の意味を解説 - ITmedia Mobile

防塵の「6」は、等級0〜6のうち最高レベルで「粉塵が内部に侵入しない」完全防塵を意味します。

防水の「7」は、等級0〜8のうち上から2番目のレベルで「一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない」という意味です。等級8は「連続的に水中に置いても有害な影響がない」ので、防水とうたってもいいんでしょうが、等級7ぐらいだと「耐水」という表現が最適なのがよーく分かりました。

要は30分以上水中に浸けたらダメ

ということですね。


ちなみに、僕が持っている初代Apple Watchは「IPX7等級の耐水性能」です。「X」というのは、防塵についての表示を省く際に使われる記号です。防塵性能については不明ですが、耐水性はiPhone 7と同じということになります。

普段、初代Apple Watchは主にワークアウトの時に使ってます。ジョギング時にはたくさん汗をかくので、ジョギング後はジャブジャブと水道水で洗ってます。1年以上、この使い方をやってますが、何の問題もありません。実際には30秒も水に浸けることはないので、これぐらいの使い方ならiPhone 7でも問題ないでしょう。

お風呂で使うときは、まだジップロックは必要

iPhone 7の発表当初、防水仕様ということを知ってまず最初に思いついたのが、「風呂でそのまま使えるじゃん!」ということ。ただ、詳細を知ってちょっとがっかり。

お風呂の「湿気」や「お湯」という条件を考えると、いくらIP67といえども、そのままお風呂で30分以上使うのはちょっと怖いですね。

たまに、お風呂にスマホやタブレットを持ち込んで読書したりプライムビデオを見たりするんですが、そんな時に便利なのが『ジップロック(Ziploc) イージージッパー』。

ジップロック イージージッパー
中サイズはiPhone 6 Plus、大サイズはiPad mini 2やFireタブレットで使ってます。

ちゃんとしたスマートフォン用の防水ケースはセットするのが面倒。でも、これだとファスナーで簡単に開け閉めできるのでセットや取り出しがとても楽です。ただ、iPhone 6 PlusもiPad mini 2もFireタブレットも防水仕様じゃないので、水が入ってないか、かなり気を使って使ってました。(ちゃんとファスナーが閉まってれば、湯船に入れるわけでもない限り、お湯が中に入ってくることはまずありません。)

iPhone 7からはジップロックは完全に必要なくなると思ったんだけどなぁ。ちょっと残念。でも、これまでのように気を使わなくても良くなった点はとても嬉しい。耐水性能のおかげで多少濡れても平気ですからね。

iPhoneが完全防水になるまでは、もうちょっとジップロックにお世話になる日々が続きそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。