Nike HyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0 世界初の自動で靴ひもが締まるスニーカー市販第1号はこれ!

Nike HyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0 世界初の自動で靴ひもが締まるスニーカー市販第一号はこれ!

バックトゥザフューチャーのあの靴の市販版「HyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0」がついに市販される!年内発売濃厚!?

自動で靴ひもが締まるスニーカー」。バックトゥザフューチャー パート2に登場したあのスニーカーです。マイケル・J・フォックス演じるマーティ・マクフライがスニーカーを履くシーンに釘付けになったものです。空中に浮くスケボー「ホバーボート」にもワクワクしましたが、このスニーカーにも同じようにワクワクさせられました。

映画に出ていたスニーカーは、2015年10月に『Nike Mag(ナイキ マグ)』として登場。マイケル・J・フォックスの元にも届けられ、実際に履いている映像が本人のツイッターで公開されました。その動画が以下。

スポンサーリンク

Nike Mag(ナイキ マグ)とHyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0

ニコニコ笑顔で「Great!」。いいですねぇ。

▼ Michael J. Fox Models the First Self-Lacing Nike MAG

Nike Magは2016年春にオークションで限定発売され、その収益金はマイケルの慈善団体(パーキンソン病研究機関)に寄付されました。そのNike Magの進化版モデルとして登場したのが、自動靴ひも締め機能を備えた『HyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0』

Nikeが公開した動画がこちら。約25秒の映像です。

▼ Nike HyperAdapt 1.0

靴に足を入れるとセンサーが反応し、「EARL」システムという自動で靴紐を調整する機能が起動。ソールから靴ひも部分に信号が伝わり、靴ひもがシュッ!と締まる、という流れ。いやぁ、かっこいい。

EARLシステムの動力源は内蔵バッテリーで約2週間ごとに充電が必要。ソールのLEDも同じバッテリーで点灯しているので、LEDを見れば残量が確認できる。充電器もセットで発売される予定。

2016年3月に発表されたHyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0がこちら。

実際に紐が締まる様子も確認できます。

▼ First Look: Nike's POWER-LACING Shoe - Nike HyperAdapt 1.0

ん〜、イメージとしてはもうちょっとシュッと締まって欲しかったなぁ。

締まり過ぎやゆるい時などは、プラスとマイナスのボタンで微調整が可能です。


HyperAdapt ミッドソール部分
ミッドソール部分に「MT2」と書かれた「EARL」システムが内蔵されてます。


HyperAdapt ソール部分
このソールにあるパーツで、紐を下から締める仕組みになってます。


カラーバリエーションはブラック・シルバー・ホワイトの3色になる模様。

HyperAdapt カラーバリエーション シルバー

HyperAdapt カラーバリエーション ホワイト

発売は、2016年11月後半からのホリデーシーズンになるようです。

これはジョギングには不向きなスニーカーかな。でも、楽しみですねぇ。

Nike HyperAdapt(ハイパーアダプト)1.0 をAmazonで探す

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。