Fire(ファイヤー)タブレットがSDカードで大化け!プライムビデオやKindle本をダウンロードしまくれる!

Fire タブレット 8GB 購入

7,000円でAmazonプライムビデオを見まくれる専用端末の出来上がり〜!

ずーっと気になってたAmazonオリジナルの激安タブレット端末『Fireタブレット 8GB』をついに購入しました。7インチで内臓ストレージ8GBのタブレット。通常の価格は8,980円。これでも十分安いですが、昨年からずっと続いてる「クーポンコードで4,000円引き」と7月のプライムデー値引きで3,480円で購入できました。

正直、こんだけ安く購入できたのでそんなに期待してませんでしたが、追加購入したSDカードのおかげで、Amazonプライムビデオをデータ通信容量を気にすることなく見まくれる映画専用端末に大変身してくれました!映画だけでなくKindle本も保存できるので、読書専用端末にもなりますね。

スポンサーリンク

Fire(ファイヤー)タブレット 8GB 外観の印象

iPhone 6s FIreタブレット 8GB Kindle Paperwhite
左からiPhone 6 Plus。Fire(ファイヤー)タブレット 8GB。Kindle Paperwhite(初代)。(iPhone 6 Plusは純正の本革カバー装着してます。)

こうして比べてみるとiPhoneと縦横比が似てる。5.5インチのiPhone 6 Plusを2回りほど大きくしたような感じですね。


iPhone 6s FIreタブレット 8GB Kindle Paperwhite 裏面
Fireタブレットの裏面はKindle Paperwhiteと同じプラスチック製。ただ、肌触りはKindle Paperwhiteの方がキメが細かい。Fireタブレットの裏面も指紋がつきにくいマットな質感に仕上がってます。個人的には嫌いじゃない。


Fireタブレット と Kindle Paperwhiteの薄さ比較
Fireタブレット と Kindle Paperwhiteの薄さ比較。左がFireタブレットで厚みは10.6mm。全体的な厚みはKindle Paperwhiteとほとんど変わりませんが、端がラウンド形状になっているので持った時にちょっと厚みを感じます。まぁ、持ちにくいことはありません。


ディスプレイについて。Fireタブレット 8GBのディスプレイは7インチで解像度は1024 x 600ピクセル(171ppi)。iPhone 6sは326ppiなのでそれと比べると多少画面は荒い。また、カメラの機能や処理速度、本体の作りもiPhoneと比べたらいけないぐらいのスペックです。値段が10倍以上も違うので当然ですが...。

まあ、Fireタブレットにはそういうことを一切期待していないので、映画専用端末・読書専用端末として割り切って使ってます

FireタブレットはSDカードを拡張ストレージとして使うと大化けする

Fireタブレット 8GB 内臓ストレージ
Fire(ファイヤー)タブレットはその名の通り、内臓ストレージが8GBしかありません。

Amazonプライムビデオで映画を1本ダウロードしようとすると、約2時間の映画で2GBほど必要になります。また、漫画1冊で100MB、雑誌1冊で200MBほどストレージを消費します。いろんなものを同時期にストレスなく見ようとすると、8GBじゃ全然足りません。


Team 64GB Micro SDXCカード
というわけで、僕は64GB Micro SDXCカードを追加で購入しました。


FireタブレットにMicro SDXCカードを挿入
本体の右上にあるスロットにMicro SDXCカードを挿入します。カードを抜く際は、グッと奥まで押すと引き出せるところまでカードが出てきます。


Fireタブレットに拡張ストレージを挿入
ちゃんとSDカードが認識されると、「どのコンテンツをSDカードにダウンロードするのか設定することができますよ」という説明が出てきます。

SDカードに保存できるのは、以下のコンテンツ。

  • サポートされているアプリ
  • 映画とTV番組
  • 楽曲
  • 写真とパーソナルビデオ

認識されたSDカードのストレージ
64GBのSDカードで使えるストレージ容量は約58GBでした。6GBほどシステムで使われてるようです。128GBのSDカードなら、もっとたくさんダウンロードして保存できますね。

あとは、好きなだけ映画や本をダウンロードするだけ。

うちの幼稚園の息子が大好きな仮面ライダー。ダウンロードできる映画は、個別ページに「ダウンロード」ボタンが表示されます。同じプライムビデオ対象作品でも、ダウンロードボタンが表示されないものもあるのでご注意を。

映画をダウンロード
この仮面ライダーの映画は1時間32分なので、約1.5GB程のダウンロード容量が必要です。これぐらいの長さの映画なら、なんと38本もダウンロード可能です。こうやって事前にSDカードに保存しておけば、車で遠出した時に車の中が小さな映画館に早変わり。これで子供がぐずらずに目的地まで快適にドライブができるというわけです。

事前にダウロードしておけば、データ通信容量を気にする必要もありませんし、電波が悪くてイライラするなんてこともありません。いいことづくめですね。8GBしかなかったFireタブレットが、大容量のSDカードを追加して大化けしました。


Amazonプライムビデオ テレビ番組をダウンロード
テレビ番組は各ストーリーの右側に表示されている「下矢印ボタン」があるもののみダウンロード可能です。ゴミ箱アイコンがあるものは、すでにダウンロードしているもの。

同じ番組でもエピソードによってダウンロードできるものとできないものがあります。どこか遠出するときには事前にチェックしときましょう。

今ならクーポンコード『FIREPRIME』で4,000円OFF

約1,900円の64GB Micoro SDXCカードを挿して大化けしたFireタブレット 8GB

クーポンコードを利用してFireタブレットを買ったとすると4,980円。合計7,000円もかからずに、Amazonプライムビデオをたくさん見られる映画専用端末が出来上がりました。

新幹線に乗るときなど、移動時間が多そうなときは、これに映画やKindle本をたくさん保存して出かけるようにしてます。データ通信料や電波状況を気にすることなく、隙間時間を使って映画を見たり本を読めるのでかなり重宝してます。

AmazonプライムビデオやKindle本をよく利用するなら絶対買いのタブレットですね。

今なら「クーポンコード『FIREPRIME』で4,000円OFF」キャンペーンが継続中。

いつ終わるかわからないので、ご購入はお早めにどうぞ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。