こりゃ便利!ChromeとSafariで使えるショートカット10選 アドレスバーにカーソル表示する方法知ってる?

  • 更新:
  • 公開:2016.8.11
  • by
  • カテゴリ:Macの使い方

こりゃ便利!ChromeとSafariで使えるショートカット一覧 アドレスバーにカーソル表示する方法知ってる?

毎日使うGoogle ChromeとSafari。ショートカットでもっと便利に!

普段からパソコンを使うときはショートカットをよく使ってますが、世の中には意外と知らないショートカットが多いもの。特に普段使うことが多いアプリケーションなら、ショートカットをマスターしておいて損はありません。

今回は、普段使いがとても多いGoogle ChromeとSafariでよく使っているショートカット10個をご紹介。知らないものがあったらぜひ覚えて使ってみてください。便利ですよ。

スポンサーリンク

1. アドレスバーにカーソルを合わせる

command + L

Windowsの場合は「Ctrl + L」ですね。URLや検索キーワードを入力するとき、わざわざマウスでカーソルを移動するよりもスピードアップすること間違いなし。意外と知らない人が多いショートカットですね。

2. ページを戻る

command + ←

Windowsの場合は「Alt + ←」です。ちょっと前まで「delete(WinはBackspace)」だけでページを戻ることができてましたが、現在は使えなくなってます。

3. ページを進む

command + →

Windowsの場合は「Alt + →」です。「ページを戻るショートカット」の反対です。

4. シークレットウィンドウ(プライベートモード)を開く

command + shift + N

Windowsの場合は「Ctrl + Shift + N」です。シークレットモード(プライベートモード)でホームページを見ると、閲覧したサイトの履歴や検索履歴が残りません。また、検索結果についても正しい順位で表示されます。(通常の検索結果では、自分がよく見るサイトが検索上位にくる傾向がありますので、正しい検索順位とは限りません。)

5. ページを更新する

command + R

Windowsの場合は「Ctrl + R」です。ホームページの表示がおかしいときや、ページが更新されていないか確認するときに使います。Windowsでは「F5」キーを押しても更新されます。

6. 新規ウィンドウを開く

command + N

Windowsの場合は「Ctrl + N」です。最近はタブを採用しているブラウザがほとんどなので、これはあまり使わなくなりました。

7. 新規タブを開く

command + T

Windowsの場合は「Ctrl + T」です。最近のタブブラウザでは必ず使うショートカットですね。

8. タブを移動する

control + Tab

Windowsの場合は「Ctrl + Tab」です。このショートカットを押すたびに右のタブに移動できます。反対に左に移動したい場合は「control + shift + Tab(Winは Ctrl + Shift + Tab)」のようにshiftキーを足してください。

9. タブを閉じる

command + W

Windowsの場合は「Ctrl + W」です。たくさん開きすぎたタブも、作業が終わればどんどんこのショートカットでササっと閉じてます。

10. 閉じたタブを再度開く

command + shift + T

Windowsの場合は「Ctrl + Shift + T」です。間違えて閉じてしまったタブも、これですぐに元に戻せます。


10番目のショートカットのみGoogle Chromeでしか使えません。

その他は、すべてChromeでもSafariでも使えるショートカットです。

ぜひお試しを。便利ですよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。