不良品チェック!SDカードを購入したらすぐやりたい転送速度テスト。Mac用アプリでやってみた。

  • 更新:
  • 公開:2016.7.19
  • by
  • カテゴリ:カメラ

SDカード 4種 の速度測定 不良品かどうか調べる方法

購入直後のSDカード。本格使用前に転送速度チェックをやってみた!

年々、カメラの画素数が増えて、撮影データの容量がどんどん大きくなってます。最近は動画も4Kで撮影できるものもあるので、16GBとかじゃ全然足りなくなりましたね。先日、有効画素数2432万画素のD750を買ったので、RAW + Fineで撮影したときのことを考えてSandisk 64GBのSDXCカードを購入してみました。

そこで大事になってくるのが転送速度。

スポンサーリンク

SDカードの転送速度は、連写撮影時に影響する

なぜ転送速度が大事なのか、こちらの動画を見れば納得できます。

▼ Class 10 vs. UHS-I: What's the Difference?

連写時など転送速度が急激に増える場合、データの書き込み速度に大きく影響してきます。動画撮影でも同じですね。転送速度が速い方ければ、スムーズにデータの書き込み/読み込みが可能です。より快適にカメラを使うことができます。

上記動画では、SDHC Class 10のカードより優れたデータ転送性能を持つ、「UHS-I」という高速バスインターフェースが紹介されてます。最高104MB/秒の転送能力でUHS-I対応のカメラであれば最高のパフォーマンスを発揮することができます。


Amazonのレビューを見ていると、並行輸入品などの場合、不良品が含まれていることが多いようで、評価欄がちょっと荒れてます。

今回、僕が購入したのが、UHS-Iに対応した『SanDisk SDXC カード Extreme Pro UHS-I 超高速Class10 並行輸入品 (64 GB, 95MB/s)』。並行輸入品で心配だったので、到着早々、転送速度チェックをやってみました。

SDカードの転送速度をチェックする方法

今回は、Macの「Blackmagic Disk Speed Test」というアプリを使いました。App Storeにて無料でダウンロードできます。

D7000で使ってる8GB・16GBのSDHCカード、ビデオカメラで使ってるTranscendの64GB SDXCカード、D750で使ってるSandiskの64GB SDXCカード、4枚でスピードテストをやってみました。

1枚目。まずは8GBのSDHCカードから。

Transcend SDHC 8GB
Transcend SDHCカード Class6 8GB TS8GSDHC6。D7000の2枚目のSDカードとして使用。


まず、Blackmagic Disk Speed Test.appを起動します。

測定したいSDカードをSDカードリーダなどを使ってマウントします。今回はiMacの内臓SDカードリーダーを使用しました。カードリーダーはUSB3.0とUHS-Iに対応したものを必ず使用してください。

ファイルメニュー「File」→「Select Target Drive…」でマウントしたSDカードを選択。「Stress」は「1GB」を選択しました。あとはDisk Speed Testウィンドウの真ん中にある「SPEED TEST START」をクリックすればスピードテストが実行されます。


1枚目の結果がこちら。

Transcend SDHCカード Class6 8GB 転送速度
書き込み:11.5MB/S  読み込み:17.9MB/S
結果:公称値とほぼ同じ

公称値とほぼ同じですが、遅いですねぇ。かなり前に購入したクラス6のSDカードなので、こんなもんですね。


2枚目。

Panasonic 16GB SDHCカード
Panasonic 16GB SDHCメモリーカード RP-SDUC16GJKの書き込みが25MB/sのモデル。Amazonではもう売ってませんでした。

2枚目の結果。

Panasonic 16GB SDHCカード Class10 UHS-I 転送速度
書き込み:21.7MB/S  読み込み:86.2MB/S
結果:公称値とほぼ同じ

Class10、UHS-I対応なので読み込みが速い。書き込みはほぼ公称値通り。


3枚目。

Transcend SDXCカード 64GB Class10 UHS-I対応
Transcend SDXCカード 64GB Class10 UHS-I対応。Amazon.co.jp限定のトランセンドのSDXCカード。ビデオカメラでフルHDの動画を撮るときに使用してます。

3枚目の結果。

Transcend SDXCカード 64GB Class10 UHS-I対応 転送速度
書き込み:56.4MB/S  読み込み:87.2MB/S
結果:公称値とほぼ同じ

Class10、UHS-I対応で十分なスピードが出てます。Amazonのレビューを見ると、ニコンの一眼レフでトラブルが起きているようです。なので、僕はこれをD750ではなく、パナソニックのビデオカメラに挿して使ってます。フルHDを撮影してますがトラブルなしです。


最後に4枚目。

SanDisk SDXC カード Extreme Pro UHS-I 超高速Class10
SanDisk SDXC カード Extreme Pro UHS-I 超高速Class10 並行輸入品。D750用に初めて買ったサンディスクのSDXCカード。並行輸入品というのが気になる。

4枚目の結果。

SanDisk SDXC カード Extreme Pro UHS-I 超高速Class10 転送速度
書き込み:73.1MB/S  読み込み:89.8MB/S
結果:公称値とほぼ同じ

おぉ!十分な書き込みスピード。不良品だと書き込み速度が20MB/Sということがあるようなので心配してましたが、うちのは本物だったようです。

まとめ

今回チェックした4枚とも、公称値とほぼ同じスピードで不良品は含まれていませんでした。

今回のように、もしかしたら不良品が含まれているかもしれないという商品を購入した場合は、本格的な撮影を行う前に必ず転送速度・動作チェックを行っておくと安心です。

撮影後にせっかく撮影したのにデータが消えた!撮れてない!なんてことにならないように、ちゃんとチェックしておくことをオススメします。

もし不良品に当たった場合は、返品して正常動作品と交換してもらいましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。