WWDC2016で発表されたもの 7倍速いwatchOS3とSwift Playgroundに期待 新MacBookの発表はなし

MacBook Apple Pay

iOS 10、macOS Sierra、watchOS 3、新tvOS発表。Apple Pay…日本はスルー。

日本時間6月14日の午前2時から始まったAppleの大イベント、WWDC 2016。

直前まで起きてましたが、強烈な眠気に負けて就寝。朝起きてから基調講演の映像を見ました。でかい会場、結構な盛り上がり。拍手も大きかったです。

iOS 10、macOS Sierra、watchOS 3、tvOSなどソフトウェアがすべてバージョンアップという、ソフトウェアへの力の入れようがすごかった。Swift Playground on iPadも発表されたし、これからは誰でもプログラミングの始まりです。

一方のハードウェアの発表は…なし。発売から1年以上経過しているMacBook AirもProも、なんの発表もなし。首を長くして新製品発表を待っていた人には残念な結果に。

スポンサーリンク

今回のWWDC2016で発表されたものを簡単にまとめておきます。

個人的には7倍も動作が速くなったwatchOS 3と、Swift Playground on iPadに興味が湧きまくりです。

watchOS 3

watchOS 3

初期のwatchOSでもっさりしてた動作。watchOS 2でもある程度解消されましたが、今回の3では桁違いのスピードに。なんとwatchOS 2の約7倍ものスピードだとか。確かにデモ画面を見る限りキビキビしてる。ただ7倍かどうかは不明ですが体感的にはかなり速くなってます。

文字盤のデザインやUIが変更。ミッキーマウスに続き、ミニーちゃんも登場。画面に文字を書いてメッセージを送れます。もちろん漢字も書ける。緊急電話にもボタンひとつでかけられるようになりました。

アクティビティでは家族や友人と運動データを共有できるように。サードパーティ製のアプリ情報もシェア可能。あと、車椅子専用モードや呼吸をサポートする「Breathe」が発表されました。

本リリースは2016年秋の予定。

新tvOS

Fox Sports Go、Molotovなどの新アプリが登場。

新リモコンでiPhoneのような感覚で操作できるようになってます。もちろんSiri対応。音声コントロールもできます。Siriに話しかけるだけでテレビが見られるようになりました。

個人的にはAmazonプライムビデオに切り替えちゃったんで、これはあまり興味なし。

実質980円でゲットしたfireTVstick(ファイヤーテレビスティック)レビュー!設定かんたん!使い勝手最高!

本リリースは2016年秋の予定。

macOS Sierra

macOS Sierra

OS X から macOS に名前が変わりました。

新macOSは「Sierra」。新機能「auto-unlock」では、離席して戻ってもパスワードを入力しなくて済みます。「Universal Clipboard」では、iPhoneやiPadなどのiOSと、macOS間でコピーペーストが可能に。iCloudではiCloud上のドキュメントだけでなくMacのデスクトップも共有できる!

Apple PayがMacに対応したけど日本はまだサービス対象外。まだかよ…。

Siri on Mac!ついにSiriがMacでも使えるようになりました。Siriと会話しながらプレゼン資料を作ることも可能に!未来だ!すげぇ。これは実際に基調講演の映像を見て欲しい。未来の作業ってこんな風なんだーと、ちょっと感動。面白い!

本リリースは2016年秋の予定。

iOS 10

iOS 10

10個の新機能が発表されました。その中からいくつか紹介。

この宣材写真でも分かるように、iOS 10ではiMessageがかなり今っぽく変わってます。LINEやFaceBookのメッセージアプリのように大きなスタンプも使えるように。写真撮影、加工、手書きのサイン、音楽の再生、送信、地図アプリなどなど全部iMessageひとつのアプリでできます。マルチタスク満載です。

iPhoneを持ち上げるだけでスリープ解除。ロック画面に表示されている通知にそのままロックを解除せずに予定をチェックしたり返信が可能に。サードパーティのアプリにも対応。

Siriもアップデートし開発者に公開されます。もちろんサードパーティアプリにも対応。どんどんSiriがこれまで以上に使われていく予感。周りの人がどんどん独り言をつぶやく時代に(^ ^)。

写真アプリが機能向上。顔、場所、物、シーンで写真を認識し自動でカテゴリ分けしてくれます。自動でそのカテゴリのアルバムを動画にする機能も。

地図アプリも機能向上。大型アップデートにより検索結果をフィルタリングでき、指定した関連施設のみを表示できる。ナビもアップデート。ダイナミックビュー、リアルタイムの交通状況表示など。Mapも開発者に公開。

Apple Musicもデザインが大きく変わりアップデート。音楽を聴きながら歌詞をチェックできるなど機能が充実。

家電を制御できるHomeKitは凄かったけど、日本でもちゃんと使えるかは不明。家電を買い替えなきゃいけないのかな。

会場でも流れたiOS 10の紹介動画がこちら。

約48秒の映像です。

▼ iOS 10 — Hey Hi Hello

あと、これまで消せなかったApple標準のアプリが削除できるようになります。

本リリースは2016年秋の予定。

Swift Playground on iPad

Swift Playground on iPad

Swift Playground on iPadが公開。

プログラミングのコンセプトからSwiftを学ぶことができる、子供用のプログラミングスタートキットです。とはいえ子供だけでなく大人も使えそう。

誰でもやる気があればiPadでプログラミングを始めることができます。全世界プログラマー養成企画の開始!!小学生の娘と一緒に勉強しようかな。楽しそうじゃな?

Swift Playgroundで子供の勉強のあり方を変えてしまうかも。

基調講演後に公開されたこの動画には、iPadでプログラミングを学ぶ子供たちがたくさん。

約3分40秒の映像です。

▼ Apple – New Beginnings

Swift Playgroundの本リリースは2016年秋の予定。もちろん無料です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。