ソニーの192色に光るLED電球スピーカーが品不足発生中!電球ソケットに取り付けるだけで使える簡単仕様。

ソニーの192色に光るLEDスピーカーが品不足発生中!電球ソケットに取り付けるだけで使用可能。

配線工事不要!簡単に設置できるお手軽さと高レベルの音質がいい!

ソニーの品切れ続出中「Life Space UXコンセプト」シリーズから、最新作のLED電球スピーカーSONY LED電球型スピーカー LSPX-103E26』が発売されてます。2015年に発売された初代は評判が良くなかったんで紹介しなかったけど、今回の2代目は音質も機能もずいぶんバージョンアップしていい感じに仕上がってます。

同じシリーズのポータブル超短焦点プロジェクターやグラスサウンドスピーカー同様、早速ソニーストアでは品切れが発生中。こんだけ品不足が続いているってことは、もともとの供給量が少ないとしか考えられないんだけど、それもソニーの戦略か?あえて品不足になるように供給量を調整してんのかな。Amazonでも同様に品不足中です。

スポンサーリンク

ソニーのLED電球スピーカー『LSPX-103E26』

ソニーのLED電球スピーカー『LSPX-103E26』

ソニーのLED電球スピーカー『LSPX-103E26』は、自宅の家具や配置を変えることなく電球を変えるだけでいつもの空間を音と光が降り注ぐ空間に変えることができる、新体験のLED電球スピーカー。

興味がある方はまずこの紹介映像をどうぞ。

お洒落な雰囲気の光と音。音楽に囲まれた生活がそこに。

▼ "Light Up Your Sound" - LED Bulb Speaker

通常のLED電球と同じ大きさまで小型化されたシンプルなデザインのLED電球。インテリアにも自然と溶け込むデザインですね。

一般的なE26口金のソケットならどこでも装着可能。給電もE26口金のソケットからされるので、リビングやダイニング、寝室などで面倒な屋内配線工事をすることなく、気軽に音と光を楽しむことができます。

音源はスマートフォンなどからBluetoothで飛ばすだけ。簡単〜。


LSPX-103E26 φ40のダイナミックスピーカー
スピーカー部分には、φ40のダイナミックスピーカーを搭載。本体サイズは初代モデルかわ変わってませんが、スピーカーボックスの容量が増えたため、低音域の音質と音圧が向上。振動板も最適化され高音域の音質も向上してます。


LSPX-103E26 空間をより豊かにするステレオモードとダブルモード
本機2台をワイヤレス接続して音を鳴らすSpeaker Add機能を新搭載。ステレオサウンドを楽しめる「ステレオモード」や同じ音を2台でならす「ダブルモード」で、鳴らせる音の幅も広がってます。


LSPX-103E26 32段階の調光でリラックス
LEDライトは、全光束500lm(ルーメン)の明るさを32段階で調節可能。付属のリモコンやスマホの専用アプリを使って調光できます。


LSPX-103E26 192色から好きなカラーを選べる
LEDライトの色は、192色から選択可能。気分に合わせて変えられます。


LSPX-103E26 4つのプリセットモード
4つのプリセットモード(Warm/Cold/Pastel/Vivid)を使えば、音楽のリズムや音量に応じてカラーが自動で変化します。


LSPX-103E26 便利なリモコン付き
丸いデザインのリモコンが付属。Bluetoothのペアリング設定、音量や明るさの調節、カラー変更、スリープタイマー機能など、いろんな設定ができます。高い天井のソケットに設置した場合でも、リモコンがあれば手元で簡単に操作可能です。

また、スマホ専用のアプリ「SongPal」「LED電球スピーカーアプリケーション」を使えば、音量・明るさ・カラーなどを操作できます。


実売価格は約2万5千円ほどですが、スピーカーとライトを同時に操作でき、それも簡単手軽なので売れているのもうなずけますね。

音楽漬けの毎日を送りたいって方に最適な商品ですね。


その他、ソニーの人気な「Life Space UXコンセプト」シリーズのエントリーはこちらから。

ソニーの超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』がバカ売れ中!注文殺到で供給が追いつかない事態に。

超贅沢なリラックス空間を作り出せるソニーのワイヤレススピーカー『LSPX-S1』がバカ売れ!入手困難な状況に。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。