パワーポイントに使われている写真や画像を取り出す方法。しかもオリジナルサイズのままで!

  • 更新:
  • 公開:2016.4.14
  • by
  • カテゴリ:Macの使い方

パワーポイントに貼られている画像をオリジナルの画質で取り出す方法

お客さんからもらったパワポから写真を取り出す時に便利ですよ♪

意外に知らない人が多かったのでご紹介。

お客さんから送ってきたり、社内資料で回ってきたりなど、他人が作ったパワーポイントを扱うことって結構多いですよね。そのパワポ資料の中で使われている写真や画像などを、他の資料やWebサイトの素材として使う時に便利な方法です。

画像の解像度を落とすことなく、オリジナルの大きさでJPEG・GIF・PNGなどを取り出す(抽出する)ことができます。

スポンサーリンク

パワーポイントから画像や写真をオリジナルのサイズで取り出す方法

今回はPowerPoint Mac 2011を使ってますが、MacでもWindowsでもバージョン2007以降であればできるはずです。


パワーポイントで使われている写真を取り出したい
パワーポイントで使われているこういう写真や画像を取り出します。


パワーポイント 図として保存
簡単な方法として、画像を右クリックして「図として保存...」を選べば、画像を保存できますが、これだと表示されている大きさでしか保存できません。

せっかくパワーポイントに取り込んでいるオリジナルのサイズが大きくても、表示が小さくなっている場合、そのままの小さいサイズで保存されてしまいます。これは避けたいですね。


オリジナルのサイズで取り出すには、まずパワーポイントの拡張子を変更します。

パワーポイントのファイルはpptx形式で保存しておいてください。

パワーポイントファイルの拡張子を「zip」に変更する
pptxの拡張子がついたパワーポイントの拡張子を、「zip」に変更します。


拡張子をpptxからzipに変更してもよろしいですか?
「拡張子を.pptxから.zipに変更してもよろしいですか?」というダイアログが出てくるので、「.zipを使用」をクリック。


zipファイルをいつも通り解凍する
アイコンがzipファイルに変わります。(使用している解凍ソフトによってアイコンは変わります。)

あとはいつも通り解凍するだけ。


mediaフォルダに使われている画像が全部格納されてます!
解凍すると、そのパワーポイントを構成しているたくさんのフォルダが出てきます。

その中の「media」フォルダに、このパワーポイントファイルで使われている画像が全部格納されてます。

これがオリジナルサイズの画像ファイルです!


最後に流れをおさらい。

  1. pptx形式でファイルを保存する
  2. ファイルの拡張子を「pptx」→「zip」に変更
  3. 解凍ソフトでいつも通りに解凍
  4. 「media」フォルダを確認

拡張子をzipに変更したファイルは、また「pptx」に戻してあげればパワーポイントとして使えます。


数ページのパワポでもとても便利ですが、数十ページ、数百ページにも及ぶパワポの場合なら、さらに威力を発揮します。

効率的に画像を取り出すことができますよ。

ぜひお試しください〜。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。