厚さ40%減を達成して進化したコクヨの自立するペンケース『ネオクリッツフラット』

厚さ40%減を達成して進化したコクヨの自立するペンケース『ネオクリッツフラット』

極薄20mmで携帯性バツグン!ふらっと持ち運べるネオクリッツ"フラット"

うちの小学校の娘も使ってる、自立する筆箱『ネオクリッツ』がさらに進化しました。円筒形の従来モデルは鞄の中で邪魔になることもありましたが、今度のネオクリッツフラットは40%もフラットになりました!

それなのに、中身の容量は従来モデルと同じで、約15本のペンを収容することができます。こりゃいいですね。

スポンサーリンク

進化したネオクリッツフラット、どこが変わった?

ペン立てになるペンケースとして大ヒットしたネオクリッツ。

ファスナーを開いて折り返せばペン立てに早変わりする仕様はそのままに、厚さが40%も薄くなりました。

まずは商品紹介映像をどうぞ。

▼ ネオクリッツフラット 紹介映像(再生するにはFlashPlayerが必要です。)

進化したのはその薄さ。

約40%スリム!持ち運びラクラク!
書類やノートと一緒に持ったり、カバンに入れてもスッキリのフラット仕様。それなのにペン収容容量は約15本。コクヨさん、頑張りましたね。


フラットなのに開くとたっぷり入るペンスタンドに変身
こんなにフラットなのに、ファスナーを開いて折り返せばペンたてに早変わり。


便利な3つのポケット
内ポケット2つ、前ポケットが1つ付いてます。これが意外と重宝します。付箋やメモ、消しゴムをスッキリ収納できます。


持ち運び自由自在
スリムなので、バッグの中やサイドポケットに入れてもかさばりません。


ネオクリッツフラット カラーバリエーション
ネオクリッツフラットのカラーバリエーションは、ブルー・グリーン・ピンク・ネイビーの4色。今後、従来モデルのネオクリッツ同様、もっとたくさんのカラバリが出てきそうですね。

素材は、表材・内装にポリエステル、芯材にはポリプロピレンが使われてます。

汚れにくく水にも強い素材ですね。


変形ペンケースとしては、以前紹介した大容量のペン立てケース『DELDE(デルデ)』キングジムの『ペンサム』もあるので、ペンケースをお探しの方は合わせてどうぞ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。