MacBookに電源ケーブルを接続した時にiPhoneと同じ通知音を鳴らす方法

  • 更新:
  • 公開:2016.4.20
  • by
  • カテゴリ:Macの使い方

MacBookに電源ケーブル接続時にiPhoneと同じ音を鳴らす方法 フォン♪

iPhoneやiPadでお馴染みの『フォン♪』という通知音をMacBookでも。

震災7日目の朝。昨日の朝、チョロチョロと出てた水は今は完全にストップ。断水状態になってます。あ〜、今日もまた水確保に動かないといけないかも。余震もまだまだ続いており、体力だけじゃなく精神的にもちょっと辛くなってきてますね。

さて、気持ちを切り替えて表題の件。iPhoneでは電源ケーブルに繋いだ時には、『フォン』という通知音とバッテリーのアイコンが充電中のものに変わることで、充電モードに切り替わったのを教えてくれます。これはiPadも同じ。

これがMacBookやMacBook AirなどMacノートパソコンの場合、電源ケーブルを接続するとアイコンが変わるだけで通知音は鳴りません。その代わり、充電中にはケーブルについてるランプがオレンジ色に点灯し、充電中ということを教えてくれます(充電完了時には緑色に切り替わる)。

どうせならMacBookで通知音も出したい!という方用に、Appleはちゃんとその方法を用意してくれてます。

スポンサーリンク

MacBookに電源ケーブル接続時に通知音を鳴らす方法

MacBookで通知音を出すには「ターミナル」アプリを使います。

ターミナルは「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダの中に入ってます。

これを起動してウィンドウに、

コンピュータ名:~ ユーザ名$

と表示されれば準備OKです。

(※コンピュータ名とユーザ名はそのMacで設定されているものが表示されます。)


まずは、通知音が鳴るかどうかを以下のコマンドで試してください。

afplay /System/Library/CoreServices/PowerChime.app/Contents/Resources/connect_power.aif

いつもの「フォン♪」という音が鳴れば続けて設定が可能です。

鳴らない場合はOSが古い可能性があります。今回紹介する方法には、Yosemite以降から搭載されている「PowerChime.app」が必要です。OSを確認してみてください。


充電開始時に通知音を鳴らすには、以下のコマンドを入力してください。

defaults write com.apple.PowerChime ChimeOnAllHardware -bool true; open /System/Library/CoreServices/PowerChime.app &

これで設定は完了。

電源ケーブルを接続して充電が開始されると、お馴染みの通知音が鳴ります。


設定をオフにするには以下のコマンドをどうぞ。

defaults write com.apple.PowerChime ChimeOnAllHardware -bool false;killall PowerChime


OS X Dailyさんが動画をアップされてますので、やり方が分からない方は合わせてどうぞ。

▼ Make Your Mac Play a Chime Sound When Power Connects

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。