ソニーの超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』がバカ売れ中!注文殺到で供給が追いつかない事態に。

ソニーの新プロジェクター『LSPX-P1』がバカ売れ中!注文殺到で供給が追いつかない事態に。

暮らしに溶け込むプロジェクター!これはすごくいいなぁ。

上記写真の矢印の先にある小さな物体。これ、ソニーが2016年1月20日より予約発売を開始した『ポータブル超短焦点プロジェクター LSPX-P1』。予約開始から注文が殺到し、同時に発売した『LSPX-P1専用スタンド LSPX-PS1』とともに生産が追いつかない状況になっています(2016年3月19日現在)。ソニーのお知らせページにもお詫びが掲載されてます。(→ポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」、フロアスタンド「LSPX-PS1」供給不足に関するお知らせとお詫び | ソニー

ソニーストアに書かれている次回出荷日が、なんと2016年8月下旬予定になってます。どんだけ注文あったんだよと。(2016.5.18 追記:熊本地震の影響でさらに遅れが生じてます。)

一体『LSPX-P1』の何がいいのかというと、これまでのテレビの延長としての使い方ではなく、生活に溶け込んだ新しいプロジェクターとしての使い方が当たってるんじゃないかなと。コンセプトが面白いんですよね

スポンサーリンク

『LSPX-P1』ってどんなプロジェクター?

興味がある方はまずこの紹介映像をどうぞ。

約2分の映像で、このプロジェクターが欲しくなりますよ。


▼ "meet your own world" - Portable Ultra Short Throw Projector

独自に開発された小型超短焦点レンズにより、壁にプロジェクターをぴったりつけた状態で22インチの画面が投射可能。壁からプロジェクターを離せば、距離によって投射画面のサイズを自由に変えられ、壁から約28センチ離すだけで最大80インチの大きさで写すことができます。


片手で持ち運びができるほど軽量コンパクトなプロジェクター『LSPX-P1』
片手で持ち運びができるほど軽量コンパクトなプロジェクター『LSPX-P1』。左の薄いのがHDMI端子を備えるワイヤレスユニットで、右がプロジェクター本体です。本体にはバッテリーとスピーカーも内蔵されてます。

レコーダーやパソコンをワイヤレスユニットにつなげば、好みの映像を最大80インチで楽しめます。Lightning - Digital AVアダプタを使えば、iPhoneやiPadの画面も映し出せますね。


LSPX-P1で映画を見る
通常のプロジェクターと同じようにホームシアターとして映画を見ることももちろん可能。

本体に内蔵されているスピーカーは、オーディオ再生レベル強調技術xLOUDを採用しており、小型ながら迫力のサウンドが楽しめます。


このほか、プロジェクターに内蔵されている海や植物などの環境映像を使えば、映像と音楽が生活に自然と入り込んできます。片手で持ち運べるほどコンパクトなので、壁だけでなく天井や床、机の上などいろんなところに映し出せます。使える場所・場面の幅がかなり広いです。これまでのプロジェクターとは全く違いますね。

例えば...。

部屋の壁に時計を投影
部屋の壁に時計を投影したり。


窓のような演出も!
壁に窓の映像を投影して、まるでそこに窓があるような演出も。


家の中にいながら星空を見て眠れる
家の中にいながら、星空を眺めながら眠ることもできます。あ〜、ロマンチックですねぇ。


実売価格は約10万円ほどですが、使える場所や場面がかなり多いので、これだけ売れているのもうなずけますね。なんかワクワク・ウキウキする商品ですね。

ちなみに、本体には電源ボタンしかありません。音量調整や入力切り替えなどはスマホ用アプリ「ポータブル超短焦点プロジェクターアプリケーション」で行いますので、持ってない方はスマホのご準備もお忘れなく。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。