まじか!iPhoneで後ろで起動したままのアプリを終了してもバッテリーの持ちには関係ないことが正式に判明。

まじか!バックグラウンドで起動したままのアプリを終了してもしなくてもバッテリーの持ちには影響がないことが正式に判明!

早くに言ってよぉ〜!バックグラウンドで動いているアプリを終了させてもバッテリーの持ちには影響がな…

バッテリー恐怖症の方にはちょっとした衝撃を受ける内容かも。

この度、Appleのシニア・バイス・プレジデント(上級副社長)でソフトウェアエンジニアリング担当のCraig Federighiさん(Appleのキーノートで楽しそうにお話をするお方)がユーザとのやりとりメールで明記してます。

iPhoneやiPadのマルチタスク画面で、バックグラウンドで起動しているアプリを、気がつくたびに上にスワイプして終了させるのが習慣になってた方、もうそれはしなくてもいいですよ。

だって、そんなことやったって、バッテリーが長持ちすることはないんですから。

スポンサーリンク

マルチタスク画面でアプリを終了させるのはバッテリー寿命にとって必要なことですか? → ノー、ノー。

9to5Macが報じたところによると、Craig FederighiさんがiPhoneユーザであるCalebさんの質問に、簡潔に、そして極めて明確に答えてくれています。

Calebさんが送ったメールがこちら。

Caleさんがティム・クックさんに送ったメール

ティムはiOSのマルチタスク画面に表示されているアプリを頻繁に消してるの?また、それってバッテリーの寿命にとって必要なことなの?

という質問をCEOのティム・クックさんに送ってます。


それに対しての回答がこちら。

Craig Federighiさんの返信メール

「ティムへの質問だけど僕の領域だから僕が返答するね。答えは『ノー ノー』だよ。」

No and No.」という非常にシンプルな回答ですが、

マルチタスクの画面を頻繁に消すことはしていないし、

それがバッテリー寿命には必要がないこと、

ということがこの返答ではっきりと判明しました。


バックグラウンドで動いているほとんどのアプリは、メモリの中では動作しておらず、バックグラウンドで起動したままでもバッテリーを消費しているわけではないんですね。

マルチタスク画面で上にスワイプしてアプリを終了するのは、アプリの挙動がおかしかったりフリーズしたりして何かしらハードリセットが必要な時にやるのが本来の使い方のようです。

これ知らなかったので、昨日まで気がつけばアプリを終了させてましたよ…。

これで一つ、無駄な作業が一つ減りました。

以上、もっと早く知りたかった情報でした〜。

(地図アプリとかバックグラウンドで動いているアプリもあるので、それに限っては消すようにしてます。)

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。