iPhoneの容量不足時に最適なLightning対応USBメモリ。タッチIDで見られたくない写真を簡単ロック可能!

iPhoneの容量不足時に最適なLightning対応USBメモリ。タッチIDで見られたくない写真を簡単ロック!

タッチIDで簡単にデータをロック!iPhoneの容量不足はこれで解決!

iPhoneやAndroidの容量がいっぱいで写真やビデオが撮れない時に重宝するLightning対応USBメモリー。これまで何度か紹介してきましたが、タッチIDに対応しているメモリーはこれが初めてかも。BUFFALOから今年の1月に発売された『RUF3-AL016G-SV』は、ライトニング端子とUSB3.0端子を搭載したフラッシュメモリ。

スポンサーリンク

Lightning対応USBメモリー「RUF3-AL016G-SV」の特徴

まずはBuffaloオフィシャルムービーをどうぞ。

これ見ればどんなものかが一発でわかります。


▼ Lightning対応 USBメモリー RUF3-AL商品説明


バックアップまでの流れはこんなに簡単。

  1. Lightning端子をiPhoneに挿す
  2. 専用アプリをダウンロード
  3. アプリを開く
  4. 写真とビデオをバックアップ

これだけで、写真とビデオをバックアップできました。

あとは、iPhoneの中にある写真やビデオを消しても安心です。これだけで、iPhoneの容量不足が解消されますね。こりゃ便利です。


製品の拡大写真がこちら。

RUF3-AL016G-SV 端子が2つ付いてます。
iPhoneやiPadに接続するLightning端子とパソコンに接続するUSB端子が付いてます。

大きさは、高さ6cm、幅2.4cm、奥行き0.95cmと非常にコンパクト。


タッチIDに対応
Touch ID対応なので簡単にセキュリティロック解除可能です。

見られたくない写真のロックもワンッチでロックできます。


簡単にパソコンでバックアップ
USB端子が付いているので、メモリに保存したデータを簡単にパソコンにバックアップ可能。

iPhoneからデータをバックアップ→さらにパソコンにデータを移動、というふうに、簡単にiPhoneのデータをバックアップ可能です。


ラインナップは16GB(約6,500円)、32GB(約8,400円)、64GB(約12,000円)の3モデルです。

簡単にデータをバックアップできるのは魅力的ですね。

妻のiPhone 5Cのデータ移行用に1つ欲しいなぁ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。