Web制作時に使える定規ツール『Linear』が便利すぎる

Web制作時に使える定規ツール『Linear』が便利すぎる

無料で使える、画面上の長さをpxやemで簡単に測れる定規ツール!

Webデザインを制作する時やコーディングを行う際に便利な定規ツールです。コリスさんのところで紹介されてたので使ってみたら、なかなか便利だったのでこちらでもご紹介。

スポンサーリンク

Webのデザインを作ってる時とか、コーディングしている時に知りたいのが各要素の高さや幅などの長さ。

特に他のサイトやデザイン物を参考にしてる時にこの『Linear』を使うと便利です。

各要素の大きさや要素間の間隔、余白の高さや幅などなど、知りたい長さがとっても簡単に分かります!

Linearの特徴と使いかた

Linearは無料で使える定規アプリ。

  • OS X 用の単体アプリとして動作
  • 他のアプリ上でオーバーレイ(半透明)で表示される
  • 作った定規を右クリックでDuplicateすればコピー可能
  • 複数の定規を同時に使用可能
  • ウィンドウ右下の「○」でカラーを白と黒で切り替え
  • 定規の単位はpxとem
  • ショートカットで新規定規作成、表示非表示の切り替えが可能


使い方の動画も公開されてます。

▼ How to use Linear

ダウンロードはこちらから。
Linear App

インストール方法は簡単で、ダウンロードしたアプリをアプリケーションフォルダに入れるだけ。

起動すればメニューバーにLinearのアイコンが表示されます。

メニューバーにLinearが追加される

ここから新しい定規を表示させたり、「Settings」で単位をpxまたはemに切り替えが可能です。


定規をコピー
定規を右クリックし「Duplicate」を選択すると、その定規をそのままコピーできます。


コピーした定規を移動する
同じ定規をコピーできるのが、意外と便利です。

画面内のあらゆる長さを測れる定規アプリ「Linear」。

デザイン業務、コーディング業務を行っている方は、持っておくといろいろはかどりますよ。

無料だし、文句なしで「使える」アプリです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。