格安SIMシェアランキング [ 2015年9月版 ]

  • 更新:
  • 公開:2015.12.12
  • by
  • カテゴリ:格安SIM

格安SIMシェアランキング 2015年12月 1位は「OCN モバイル ONE」

格安SIMのMVNO業者別シェアランキング1位は「OCN モバイル ONE」

強いなぁ、OCN モバイル ONE前回の調査に引き続き、2015年12月でも格安SIMを取り扱うMVNO業者の中でランキング1位を獲得しました。

MVNO市場全体も順調に伸びているようで、MVNO回線契約数は前年比88.9%増の3642万回線となり、順調に増えています。

MM総研が国内MVNO市場の2015年9月末実績を発表しています。

スポンサーリンク

国内MVNO市場規模の推移(2015年9月末)――2015年度末に4,000万回線突破が確実 - 株式会社 MM総研

MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は12月8日、国内MVNO市場の2015年9月末実績を発表した。MVNOサービスの総契約回線数は2015年9月末時点で3,642万回線となり、2014年9月末(1,928万回線)に比べ88.9%増加した。

今回の調査結果は以下の通り。

回線種別契約数の実績

  • 2015年9月末時点のMVNO回線契約数は前年比88.9%増の3,642万回線
  • 回線種別ではBWA(WiMAX / AXGP)が最多で、 前年比153.4%増の2,567万回線
  • 独自サービス型SIMの回線契約数は前年⽐76.1%増の405.8 万回線
  • 独自サービス型SIMの事業者別シェアは、NTTコミュニケーションズが23.2%で1位

2015年9月版 格安SIMシェアランキング

独自サービス型SIMの市場規模

MVNO事業者がSIMカードを独自の料金プランで提供する独自サービス型SIM、いわゆる「格安SIM」の回線契約数は2015年9月末で405.8万回線。1年前の2014年9月末と比べて79.1%増加してます。

今後、さらにSIMフリー端末が各メーカら続々と発売されるのと、大手家電量販店での格安SIMの取り扱いが今年以上に拡大していけば、さらに市場規模は大きくなると予測できます。東京オリンピックもありますし、それまでに各MVNO業者がどれだけインフラを固められるかがシェア拡大に大きく影響しそうです。

ちなみに僕も、来年はSIMフリーのiPhone 7に機種変更して格安SIMに乗り換えるつもり♪


独自サービス型SIMのシェア

2015年9月末時点での格安SIMシェアランキング。上位4位までが判明しました。

1位・・・OCN モバイル ONE(NTTコミュニケーションズ)
2位・・・IIJmio(インターネットイニシアチブ)
3位・・・U-mobile(U-NEXT)
4位・・・BIGLOBE SIM(ビッグローブ)

この上位4社で全体の半分以上を占めてます。その中でも3位のU-NEXTの躍進が目立ちますね。平成27年9月末日時点で50万回線を突破し、前年同期比で約5.2倍の52万回線を記録してます。

個人的にはiPhoneやiPadなどのiOSがアップデートされた際に、対応が一番早いIIJmioにちょっと気持ちが仇つつありますが、来年の夏ぐらいまではじっくりと選びたいなぁと思います。ただ、データSIMであれば、月額数百円で使えるので、いくつか試してみようか検討中です。

こちらも合わせてどうぞ。

IIJmioが一歩リード!iPad Pro SIMフリー版、格安SIMの動作確認状況一覧!確認済みはわずか2社のみ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。

よく読まれている関連記事はこちら