ポータブック発表!出張専用PC!ビジネスの未来は変えられないけど明日の出張は変えられる!

ポータブック発表!出張専用PC!ビジネスの未来は変えられないけど明日の出張は変えられる!

キングジムがパソコンを開発!「ポータブックはビジネスの未来を変えるような商品ではない。でも、明日の出張は変えられるかもしれない、そんな商品」

キングジムの公式YouTubeチャンネルに11月29日にアップされた「なにを出すんだ!キングジム」というタイトルの動画。「小さい方が持ちやすい」「大きい方が打ちやすい」「必要なものは付いている」という特徴を持つ新製品の内容がついに明らかになりました。

スポンサーリンク

ティーザー広告の動画がこれ。

▼ なにを出すんだ!キングジム

発表前は「一体なんなんだ?新しいポメラか?」と想像がかなり膨らみましたが、発表後に改めて見てみると「なるほど!その通り!」と腑に落ちる内容になってます。

ポータブック 小さい方が持ちやすい
小さい方が持ちやすい。


ポータブック 大きい方が打ちやすい
大きい方が打ちやすい。


ポータブック 必要なものは付いている
必要なものは付いている。

その新製品が、フルサイズをコンパクトにたためるパソコン『ポータブック(PORTABOOK)』です。ポタブックでもポターブックでもないですよ、ポータブックです。

そのポータブックの特徴がこちら。

  • 8インチのノングレア液晶でチラつきなし
  • 「スライドアークキーボード」でフルサイズのキーボードを小さく畳んで収納
  • 持ち運びに便利なA5手帳サイズ
  • 約5時間駆動のバッテリー搭載
  • タブレット用モバイルバッテリーから充電可能
  • USBやSD、さらにHDMI/VGAなどフルサイズ規格のインターフェイスを搭載
  • OSは最新のWindows10 Home 64ビット
  • 1年間有効のOffice 365サービスが付属

特徴をまとめた動画も3本公開されてます。

▼「ポータブック」紹介ムービー【たためるパソコン編】


▼「ポータブック」紹介ムービー【30秒編】


▼「ポータブック」紹介ムービー

ポータブックを商品化した理由にグッときた

キングジムの好きなところは、ニッチな市場向けの商品を開発しているところ。例えば、文字を入力することだけに特化したポメラなんか、かなりニッチな市場むけの製品にもかかわらず、初年度で販売目標の3倍にあたる9万台を販売。累計販売台数は20万台を突破し大ヒットとなってます。

そして今回発表されたのが、成熟しまくったパソコン市場に投入されたポータブック。なぜニッチな市場とはまったく正反対の市場に向けて、なぜ折り畳めるパソコンを開発したのか、公式ツイッターでいいこと言ってました。

ターゲットと使用シーンを絞りまくった結果、こういう形のパソコンが出来上がったというわけです。

そして、開発本部長の次の言葉にグッときてしまいました。

「ビジネスの未来は変えられないが、明日の出張は変えられるかもしれない」

いいですねぇ、この姿勢。大好きです。

レッドオーシャンの中で生き抜いていくには、巨大な企業が狙わないようなニッチな市場を自分で探し出し、そこに適切かつ独創的な商品を提供していく。

これは、うちみたいな小さなブログが生き続けるために必要な戦略戦術と全く同じことをおっしゃっておられますです。これは心に響きましたね〜。いわゆる琴線に触れるってやつですね。

ポータブルの発売日、価格、キャンペーン

ポータブック XMC10」の発売日は2016年2月12日(予定)。

実売予想価格は9万円前後。

キングジムでは、ポータブック発売記念キャンペーンを開催中。

ポータブック発売記念キャンペーン
発売日(2016年2月12日)までに「ポータブック」を注文すれば、5,800円の専用ケースがもれなく付いてくるキャンペーンですね。「ポータブック」取扱のあるすべての店舗が対象です。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。