写真アプリの動きが遅い(重い)時のスピードアップ方法

写真アプリのアイコン

普段使っている「写真アプリ」がどうもちょっと重い(遅い)なぁと感じたら、一度これを試してみてください。

最新のMacでCPUもメモリもすごいスペック&ハードドライブもSSDを使ってる、なんて場合はほとんど変化に気づかないと思いますが、ちょっと古くなった世代前ぐらいのMacだと、その変化に気づくはず。

スポンサーリンク

写真アプリが重いと感じたら、余計なアニメーションを消してみよう!

Macの写真アプリでは、画像を開くなどの簡単なタスクを行う場合でも多くのアニメーションが使われています。ズームしたりパンしたり、画面を切り替えたり、などなど。iOSの写真アプリと酷似したアニメーションが盛りだくさんです。

これらのアニメーションは、マシンスペックが高ければ快適に動きますが、数世代前のマシンだと動きがもっさり重く、さらには綺麗なアニメーションが途切れ途切れになってしまう、なんてことが起きます。

また、その動きのせいで気分が悪くなる人もいるかもしれません(実際にiOSのアクセシビリティの設定項目には「視差効果を減らす」というものがあります)。


写真アプリのこのアニメーションをオフにするには、環境設定を開きます。

写真アプリの環境設定「モーション」 動きを減らすことができる
環境設定の「一般」にある、「モーション」で「動きを減らす」にチェックを入れます。

これで、ユーザインターフェイスに使われていたアニメーションの動きが減りました。

動きが全てなくなるわけではありませんが、僕のiMacでは多少動きが速くなりパフォーマンスが向上したように感じます。

「写真」アプリが重い!と感じたら、ぜひ試してみてください。

初回起動時やデータ移行時には時間がかかる

環境設定「モーション」のオンオフに関係なく、写真アプリが重くなる時があります。

それは、最初に「写真アプリ」を起動した時や、「写真アプリ」の以前のバージョンのアプリケーションである「iPhoto」からデータ移行した時です。

これは、バックグラウンドでいろんな処理が行われるためで、データ移行が終わった後、数時間は写真アプリの動きが遅くなります。アクティビティモニタでCPU使用率を確認するとすぐわかると思いますが、80%とか50%になっていると思います。CUP使用率が高いと動きが遅くなるんです

これは、半日〜1日もあれば、ほとんどCUPは使わないようになります。

Macを起動したまま、しばらく放置しておいてください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。