ダサくて高い純正のiPhone用バッテリー付きケース発売開始。ロゴがなかったら絶対買わない!

iPhone6s Smart Battery 発売開始

こんなダサいiPhoneケース、どこ製かと思ったらAppleだった…。

突然Appleから発売開始された、iPhone6と6s用のケース型モバイルバッテリー『iPhone 6s Smart Battery』。はじめにこの商品画像見たのが海外のApple系サイトでした。「ポッコリと内蔵バッテリーが出てるこんなダサいデザインのiPhoneケース誰が買うんだよ…」と軽くスルーしたところ、実はApple純正のケースだということで軽くショックを受けました

これ本当に、Appleの「最高デザイン責任者(CDO)」であるジョナサン・アイブがデザイン(チェック)したんでしょうか?ダサすぎ、そして、高すぎです。

スポンサーリンク

Appleのロゴがなかったら絶対買わない

iPhone 6s Smart Battery
前、後ろ、横、それぞれから見たデザインがこちら。


iPhone 6s Smart Battery ケースの取り付け方法
ヒンジにはソフトなエラストマー(ゴムのような弾力と耐熱性を持つ素材)を使用し、ケースの取り外しが簡単に行えるようになってます。外側はシリコン素材。裏地は柔らかなマイクロファイバー。

バッテリー容量は1,877mAh

iPhoneとSmart Battery Caseを同時に充電すれば、

通話は最大25時間
LTEでのインターネット利用は最大18時間

に延長されます。

Appleストアでの販売価格は11,800円(税別)。高いなぁ。

iPhone 6s Smart Battery Case - チャコールグレイ - Apple (日本)


手に持って確認したわけではないですが、これまでApple純正のケースを使ってきた経験から言うと、おそらく作りはかなりしっかりしていると思われます。カメラ周り、ボタン周り、iPhone本体とのフィット感は間違いなく素晴らしいものになっているでしょう。

でもねぇ、やっぱりこのポッコリ膨らんだデザインが気になる。もっとスマートにできなかったんでしょうか?正面からの見た目は他のケースと変わりありませんが、背面からと横からの見た目がどうも酷すぎ。

もし、AppleのロゴがなくてAmazonで販売されてたら、たぶん見向きもしない商品でしょうね。

まぁ、ダサいし高いので、Appleのロゴがあったとしても買う気は全くないんですが。

カッコよくて安い!ケース型モバイルバッテリー3つ

iPhone用のケース型モバイルバッテリーならもっと安くていいのがいっぱいあります。重さや使い勝手など違いはありますが、コストまで含めて考えるとこっちの方が全然ありです。

例えばAmazonのケース型モバイルバッテリーの売れ筋ランキングでベストセラー1位になっているのが『cheero Power Case for iPhone 6 / 6s 3000mAh バッテリー内蔵ケース
』。

cheero Power Case for iPhone 6 / 6s 3000mAh バッテリー内蔵ケース
モバイルバッテリーのcheeroが作ったiPhone用ケース型モバイルバッテリー。バッテリー容量はSmart Batteryよりも1.6倍多い3,000mAh。さらにお値段も格安の3千円台です。レビューもかなり良いです。


ランキング2位は『Anker ウルトラスリムバッテリーケース iPhone 6 4.7インチ用 容量 2850mAh
』。

Anker ウルトラスリムバッテリーケース iPhone 6 4.7インチ用 容量 2850mAh
こちらもiPhone関連製品で有名なAnkerの製品。バッテリー容量は2,850mAhで、価格はちょっと高くなって4千円台。でもデザインはなかなかいいですねぇ。カッコイイです。


ランキング3位は『オーセラスジャパン モバイルバッテリーケース PowerSkin for Apple iPhone5
』。
オーセラスジャパン モバイルバッテリーケース PowerSkin for Apple iPhone5
iPhone 5向けのケースです。バッテリー容量は1,500mAhとちょっと少なめですが、驚くのはその価格。なんとワンコインの500円です。ワンコインなら試しに使ってみてもいいかなと思える価格ですね。

iPhone本体へのバッテリー容量アップはもう諦めたのか

AppleオリジナルのiPhone用バッテリー関連商品は、今回の「iPhone 6s Smart Battery」が初めての製品。

これは、Appleが自らiPhone本体へのバッテリー容量アップを断念した、ということを世の中に示したんじゃないかなと、勝手に判断しました。

特に画面の小さなiPhone 6sや6のモデルでは、これ以上バッテリー容量をアップさせるには、バッテリー自体へのパラダイムシフトが必要になってきますからね。

iPhone 6 Plusなどの大きなモデルであればバッテリーも多く積めるので、ディスプレイの有機EL化やiOSレベルでの改良により、消費電力をもっと抑えることができれば、あと数時間は持続時間を延ばすことができるんじゃないかなと。

4.7インチモデルのバッテリー容量アップは、もうない!と言い切っても良さそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。