あれ?今年何年だったっけ?iPhoneの変換がすごすぎ。郵便番号にも対応してます。

  • 更新:
  • 公開:2015.12.15
  • by
  • カテゴリ:iPhoneの使い方

あれ?今年何年だったっけ?この郵便番号どこ?iPhoneならすぐ分かるよ。

西暦・和暦、今年何年?1年間に何回もド忘れするあなたへ。

ド忘れした時に、必ず周囲の人にきいてしまう「ねぇ、今年って何年だっけ?」「平成何年?」という質問。西暦も和暦も、特に年が変わった1月に全国各地で繰り広げられているこの質問ですが、iPhoneならわざわざ人に聞かなくてもすぐに教えてくれるんです。しかも干支まで!

さらには、郵便番号についても教えてくれるってこと、知ってました?

スポンサーリンク

「ことし」と入力してみよう!

メール・メッセージ・LINE・メモなど、なんでもいいので、まずは「ことし」と入力してみよう。

iPhoneで「ことし」と入力してみると

メモアプリで「ことし」と入力した画面がこれ。変換候補に「2015年」「平成27年」というように、今年の西暦と和暦が出てきます!

さらに他の変換候補を見てみると、

今年の干支まで教えてくれる

「未年」と羊の絵文字が出てきて、干支まで教えてくれます!


同じように、「らいねん」「きょねん」と入力してみると、

「らいねん」「きょねん」でも西暦と和暦と干支を教えてくれる
「ことし」と同じように西暦と和暦と干支を教えてくれます。

いやぁ、便利ですねこれ。

「きょう」と入力したら?

今度は、「きょう」と入力してみました。

「きょう」と入力した場合の変換候補

すると、きょうの日付を、「12/7」「2015/12/07」「12月7日(月)」「2015年12月7日」「平成27年12月7日」という5パターンで教えてくれます。さらには曜日も「月曜日」と表示されます。


同じように、「あした」「きのう」と入力すると…

「あした」「きのう」と入力すると日付と曜日を教えてくれる

それぞれ、同じように日付と曜日を教えてくれます。

郵便番号を入力すると?

「ことし」や「きょう」と同じように郵便番号7桁を入力してみると…

郵便番号を入力すると、正確な住所が表示される

試しに熊本県庁の郵便番号を入力してみましたが、「正確な住所」が表示されました。郵便番号で分かる市区町村の住所の後に「熊本県庁」の文字まで出てきてますね。

今の時期だと年賀状の宛先をチェックするときに使えそうですね。

Macでもすぐ分かる!

おまけ情報。今回は、iPhoneでの使い方をメインで紹介しましたが、Macの標準日本語入力でも同じように使うことができます。「ことし」と入力すると…

Macの日本語入力でも変換候補が出てきます。

iPhoneと同じように「西暦」「和暦」「干支」が表示されます。「郵便番号」の場合は全角で入力すると変換候補が出てきますよ。

「あれ?今年何年だったっけ?」「干支は?」と思った時は、是非お試しください♪

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。