漏洩の心配なし!クレジットカード情報をiPhoneで登録・管理する方法。常に持ち歩かなくてもOK!

  • 更新:
  • 公開:2015.12.30
  • by
  • カテゴリ:iPhoneの使い方

クレジットカードをよく使うなら!iPhoneに登録する方法

よく使うクレジットカードはiPhoneに登録しておくと便利です。

クレジットカードの管理どうやってますか?特別な管理などせずに、クレジットカードは全部財布に入れているって方が多いんじゃないかなと思います。僕もiPhoneに登録するようになる前は、そうやってました。ただ、普段使わないクレジットカードを持ち歩くのは、どうしても盗難や紛失の可能性があるんですよね。財布の中もかさばるし。

だから、今はiPhoneの中にクレジットカードの情報だけを保存して、使わないクレジットカード本体は全部自宅に保管するようにしています。

スポンサーリンク

iPhoneにクレジットカード情報を登録する方法

今回使うのはiOS標準のWebブラウザ、Safari(サファリ)の「自動入力の設定」です。

本来は、Webの入力フォームに自動で名前や住所などを入力する機能ですが、クレジットカードの登録もできるので、クレジットカードの管理に使ってます。

■ iPhoneにクレジットカード情報を登録するメリット

  • 普段使わないクレジットカードを持ち歩かなくて済むようになった
  • iPhoneだけで複数のクレジットカードを管理できる
  • セキュリティコードも書き込める
  • Webの入力フォームでも使えるので、個人情報の入力の手間が省けた
  • タッチID(指紋認証)で暗号化されているので、情報漏洩の心配がほとんどない

デメリットを思い浮かべようとしましたが、ほとんど出てこないですね。


設定は、「設定」アプリ →「Safari」→「自動入力」から。

Safariの自動入力設定 保存されたクレジットカード
「保存されたクレジットカード」をタップすると、そこから先へ進むには、タッチIDで指紋認証が求められる。使用者以外はクレジットカード情報にアクセスできない仕組みになっています。情報漏洩の心配はほとんどありません。


クレジットカードを追加
「クレジットカードを追加」をタップ。カード名義人や番号など、手入力することもできますが、「カメラで読み取る」を使ったほうが速いです。


カード情報を取り込む
「カメラで読み取る」を選択すると、カメラが起動して画像認識モードへ。枠内にクレジットカードを合わせれば、必要な情報を読み取ってくれます。正しく読み取れなかったところは、手入力で修正可能。


クレジットカードの管理が簡単
クレジットカードの「名義人」「番号」「有効期限」がちゃんと登録されました。

説明の欄には、何のクレジットカードかわかりやすく説明文をつけられます。僕の場合は、その説明欄に「カードの名前 カードの種類 セキュリティコード」を書くようにしてます。最近はセキュリティコードを求められることも多いので、ここにまとめてます。

クレジットカードの管理に困っている方、是非お試しを。

なかなか便利ですよ。

【本日最終日!23:59まで!】今年最後!78時間の超ビッグセール『Amazon サイバーマンデー』開催中!会場はこちら タイムセールなので無くなり次第終了です。Fire TV 10%OFF、Kindleとタブレット最大7,200円OFF、人気マンガもまとめ買い20%OFFです。お早めにどうぞ。
スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。