個人情報が満載のiPhoneには、必ず自動ロックを!

  • 更新:
  • 公開:2015.12. 7
  • by
  • カテゴリ:iPhoneの使い方

iPhoneの自動ロック画面

誰かに見られる可能性が高いiPhoneは必ず自動ロックを設定しよう

誰かが僕のiPhoneを取り上げ、勝手に見始められることほどイラっとすることはありません。

iPhoneには大切な情報が詰まっています。メールやメッセージ、家族や友人の写真、電話番号や住所などの個人情報。見られたくない情報が盛りだくさんです。

それらの大事な情報を人に見られないようにするには、自動ロックは必須です。セキュリティの観点からだけでなく、精神衛生上嫌な思いをする確率も激減します

スポンサーリンク

自動ロックとは

設定した時間が経過すると、自動的にiPhoneやiPadの画面にロックがかかる機能。

iPhoneのTouch ID またはパスコードを入力 画面
これがiPhoneの「Touch ID またはパスコードを入力」画面。正しいパスワードを入力しないと中身が見れません。

画面のロックを解除するには、設定した正しいパスワードを入力する必要があります。

パスワードは4桁または6桁、もしくはパスコードオプションで「カスタムの英数字コード」「カスタムの数字コード」を選べば、1桁から好きな桁まで設定することが可能です。

iOS9からは「30秒」から設定が可能に

iOS 9からは自動ロックの時間が「30秒」から設定できるようになりました。

自動ロックの設定は、「設定」アプリ →「一般」→「自動ロック」で行います。

自動ロック設定画面
iOS9から追加された「30秒」から、1分・2分・3分・4分・5分・しない、から選択可能。

普段は3分に設定してますが、海外旅行など治安が悪いところに行った際は「30秒」に設定しておくといいかも。

目を離したその隙に、いたずら目当てで電話を見ようとする人、電話を盗もうとする悪意ある人がいるかもしれないので、この機能はなくてはならない機能です。

設定していない人は、必ず設定しておきましょう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。