見られちゃまずい不要なファイルを直ちに削除する方法

  • 更新:
  • 公開:2015.12.24
  • by
  • カテゴリ:Macの使い方

見られちゃまずい不要なファイルを直ちに削除する方法

あなたのそのファイル、ゴミ箱に入れるだけで大丈夫ですか?

別に悪いことしてるわけじゃないんですけど、たまにあるじゃないですか?人に見られちゃまずいようなファイルを扱うことも。会社の数字に関する重要な書類や、個人情報が入ったもの、超個人的趣味のものまで色々です。そんな時はこの方法で直ちに消去しておきましょう

そのファイル、大丈夫ですか?ゴミ箱に入れるだけじゃファイルは消去されませんよ。

スポンサーリンク

ファイルやフォルダを直ちに消去する方法

MacやWindowsで削除したファイルは、一時的に「ゴミ箱」に保存されます。その後、ユーザーが「ゴミ箱の中身を空にする」までずーっとゴミ箱の中に入ったままです。この2段階のプロセスにより、誤ってファイルを削除するトラブルを防ぐことができますが、「誰かに見られちゃまずい不要なファイルやフォルダ」などすぐに消したいファイルの場合は別。

そんな時は、この方法ですぐに削除しておきましょう。


消したいフォルダを選択してファイルメニューを開く
まず、消したいファイルやフォルダを選択してファイルメニューを開きます。

この状態で「optionキー」を押します。

すると、

「ゴミ箱に入れる」が「すぐに削除」に変わる
「ゴミ箱に入れる」が「すぐに削除」に変わるので、これをクリックすれば選択中のファイルやフォルダがゴミ箱に入ることなく直ちに消去されます。

本当に削除するかどうかのダイアログは出るので、そこで間違いはないか判断してください。


ちなみに、以前のOS Xでは「ゴミ箱を確実に空にする」というメニューがありましたがEl Capitanからは無くなっています。SSD(フラッシュストレージ)搭載のMacの場合、確実に削除したファイルを復旧できるケースがあるという理由から、このメニューは削除されました。

ショートカットキーを使うと便利

わざわざファイルメニューから消去するのが面倒だって場合は、ショートカットキーを使うと便利です。

まず、ゴミ箱に入れるショートカットキー。

commandキー + deleteキー

これで選択していたファイルやフォルダがゴミ箱に入ります。


さらに、これに一つキーを加えて、

commandキー + optionキー + deleteキー

を押すと「削除しても良いかどうか」のダイアログが出てくるので、そのまま「削除」をクリックすれば、すぐに削除されます。この操作は取り消せませんので、ちゃんと確認して行うようにしてください

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。