iPhoneでホームページを簡単にPDFに保存(変換)する方法

  • 更新:
  • 公開:2015.11.16
  • by
  • カテゴリ:iPhoneの使い方

iPhoneでWebページを簡単にPDFに保存する方法

この方法で保存したいホームページを一発保存できますよ♪

iPhoneのSafariでホームページを見てると、「あぁ、このページ保存しておきたいなぁ」とか「デザインの参考にそのまま保存したい」ということがたまにあります。PocketとかInstapaperなどの後で読むサービスを使うのもいいですが、この方法だとiPhoneにそのまま保存できるので、インターネットにつながっていないオフライン状態でも確認することが可能です。

スポンサーリンク

iPhoneでWebページをPDFに保存する方法

PDFに保存(変換)したいホームページをSafariで表示します。

Safariのシェアアイコン→PDFをiBooksに保存をタップ
Safariのメニューバーの下にある「シェアアイコン」をタップ。次に、上段を右にスクロールし「PDFをiBooksに保存」をタップ。


PDFを作成中 PDFの作成が完了
すると、「PDFを作成中」と表示され、iBooksで作成されたPDFが表示されます。

今回は、試しにこのブログのトップページをPDFにしてみました。全部で16ページのPDFになりました。


意外とキレイに作成されたうちのトップページ
パラパラと見てみましたが、意外とキレイに仕上がりましたね。

iBooksの本棚にもちゃんと保存されました。

Macを持っている場合は、iTunesで「ブックを同期」、iPhone側で「コレクションを同期」にしておけば、MacのiBooksでも同じものが表示されるようになります。

便利ですよ♪

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。