クルトガ パイプスライドモデルが売り切れ続出!折れない機能をプラスした新モデルが売り上げ好調。

クルトガ パイプスライドモデルが売り切れ続出!折れない機能をプラスした新モデルが売り上げ好調。

販売累計6,000万本突破!クルドガに「折れない」機能がプラス!

売れてますねぇ、クルトガシリーズの新シャープペン『クルトガ パイプスライドモデル』。11月16日に全国で発売開始されてますが、Amazonでは早速品切れ状態(2015年11月23日時点)。ピンク、ブルー、ブラックの3色とも品切れで次回入荷待ちとなってます。

Appleペンシルもいいですが、このペンシルもいいですよ♪

スポンサーリンク

クルトガ とは?

クルドガ(くるどが)」じゃないですよ、「クルトガ(くるとが)」ですよ。

クルトガとは「クルっと回ってトガった芯をキープ」して、細くてくっきりと書き続けられるシャープペンのこと。三菱鉛筆株式会社が2008年に発売開始してから、学生を中心に売り上げが好調で、販売累計6,000万本を突破した化け物シャープです。

クルトガの機能解説ムービーはこちら。YouTubeにアップされてないのがちょっと珍しい。
クルトガ 機能解説ムービー
クルトガ機能解説ムービー | 三菱鉛筆株式会社

書くたびに芯が少しずつ回転して芯の先端が常にトガり続ける機能がよーく分かります。

クルトガ パイプスライドモデル

クルトガの新シリーズ「クルトガパイプスライドモデル」は、芯が回ってトガり続ける「クルトガ機能」に、芯と連動して先端パイプがスライドして芯を守る「芯が折れない機能」を付加した新モデル。

クルトガ パイプスライドモデル | 三菱鉛筆株式会社

クルトガパイプスライドモデルの特徴

書き味をなめらかにするために、パイプの先端に特殊なコーティングが施してあり、紙に引っかかりにくくストレスなく書きつけることができます。

さらに、折れないだけでなく、1回のノックで従来よりも長く文字を書き続けられるというメリットもあります。

先端が尖って細い字をなめらかに書き続けられて、なおかつ芯が折れない、新しいシャープペン「クルトガ パイプスライドモデル」。2016年もこれは間違いなく売れますね。


折れないシャープペン「オレンズ」も合わせてどうぞ。こちらは0.2mm、クルトガは0.5mmですね。
3ヶ月で20万本も売れた、不思議なほど芯が折れないシャープペン「オレンズ」がすごい

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。