iPhoneのSafariや写真などの標準アプリも実は消せる!

  • 更新:
  • 公開:2015.11.13
  • by
  • カテゴリ:iPhoneの使い方

iPhoneの標準アプリをホーム画面から消す方法

消せないと思ってたアップル純正のアプリも消せます!

ダウンロードしたものの、3日たったらもうほとんど起動すらしなくなったアプリってありますよね。そんな時は、アプリを長押ししてプルプルさせてから消すことができますが、標準で入ってるアプリはプルプルしても×ボタンが表示されないので削除ができません。

使わない&消せないアプリは、ひとつのフォルダにまとめて整理してますが、そんな消せない標準アプリも実は消せるんです。その方法をご紹介。

スポンサーリンク

標準アプリを消すには機能制限を使う

実は「設定」アプリにある「機能制限」を使えば、標準アプリをホーム画面から消す(非表示)にすることができます。(非表示にできる対象アプリは一部のみ)

「設定」アプリ→「一般」→「機能制限」→「機能制限を設定」をタップしパスコードを設定してください。

試しに「Safari」と「カメラ」を非表示にしてみました。

機能制限でSafariとカメラをオフに
「Safari」と「カメラ」の右側のボタンをタップしてオフにします。

ホーム画面を見てみると、

標準アプリの「Safari」「カメラ」を非表示に
「Safari」と「カメラ」が非表示になりました。(アイコン移動させただけじゃないですよ。右下にあった「設定」アプリは次のページに移動してました。無くなったわけじゃありません。)

機能制限の「許可」でオフにできるアプリと機能

非表示にできるアプリは一部の標準アプリのみ。

子供が使う場合など場面によっては機能制限をかけるべきアプリ、または、アプリ内の機能に限定されてます。

機能制限で非表示にできるアプリ

iOS 9.1 機能制限の「許可」でオフにできるアプリと機能がこれ。

  • Safari
  • カメラ
  • Siriと音声入力
  • FaceTime
  • AirDrop
  • CarPlay
  • iTunes Store
  • Apple Music Connect
  • iBooks Store
  • Podcast
  • App Store インストール
  • App Store Appの削除
  • App Store App内課金

iTunes StoreとかPodcastはほぼ使ってないのでオフにしておきました。

他の使わない標準アプリも非表示にできるようになるとホーム画面がスッキリするんですけどね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。