iOS9の新機能 アクセシビリティが超充実!タッチ操作も調整できるようになった!

  • 更新:
  • 公開:2015.11. 2
  • by
  • カテゴリ:iPhoneの使い方

ハンディキャップを持ったユーザーに配慮 アクセシビリティがかなり充実

iPhoneならどんな人でも使いやすくするために様々な調節が可能!

若い人からご年配の方、さらにはハンディキャップを持った人など、様々な人が使うiPhone。「文字が見えにくい」「タッチ操作が難しい」「音が聞こえにくい」などなど、人によって調節したい項目は様々。iOS 8でもアクセシビリティの設定は充実していましたが、iOS 9からはさらにその機能が強化されています。

スポンサーリンク

iOS 9でタップを調整できるようになった

iOS 9からは、アクセシビリティの「操作」に「タッチ調整」が追加されました。

iOS 9 タッチ調整
「設定」アプリ →「一般」→「アクセシビリティ」→「タッチ調整」

iPhoneの画面をタッチして操作するタッチスクリーンが使いにくい、操作しづらい場合は、

保持継続時間・・・画面をタッチしてからタッチと認識されるまでの時間を指定
繰り返しを無視・・・複数回タッチしても1回のタッチとみなす時間を指定
タップ補助・・・1本指でどのジェスチャでもタップできるようにする

などの設定を、お好みの応じて調整してください。

よりiPhoneが使いやすくなりますよ。

その他の便利なアクセシビリティ機能

その他にも、設定方法を知っておいて損はないものがたくさんあります。

iOS 9 アクセシビリティでキーボードを調整
「アクセシビリティ」→「キーボード」

以前紹介した「キーボード」の調整はここから。
iOS 9のキーボードを常に大文字表示に戻す方法


シェイクで取り消し
「アクセシビリティ」→「シェイクで取り消し」

iPhoneを振れば直前の操作を取り消し(アンドゥ)できる「シェイクで取り消し」。意図せずに振ってしまうことが多い場合はここでオフにしておきましょう。


ホームボタンのクリックの間隔を調整
「アクセシビリティ」→「ホームボタン」

ホームボタンをタブルクリックまたはトリプルクリックするのに必要な間隔を調整できます。


ここで紹介した設定項目はほんの一部です。

ご自分の使いやすいように設定できるアクセシビリティ、ぜひ使ってみてください

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。