予想通り?Apple Watchで最も使われている機能は1回3.8秒のあれだった。

  • 更新:
  • 公開:2015.11.30
  • by
  • カテゴリ:Apple Watch

予想通り?Apple Watchで最も使われている機能

Apple Watch ユーザーが一番使っている機能はあれだった…

FORTUNEが、Apple Watchユーザー2,400人を対象とした2つのアンケート結果を公表しています。

この2つのアンケートにより、スマートウォッチが一体何に使われているのか、どれぐらいの頻度で使われているのか、それが明らかになりました。

そのアンケート結果は以下の通り。

スポンサーリンク

僕もApple Watchを発売開始と同時に購入したユーザーの一人。

Apple Watch が発売日の4月24日に超速宅急便で到着!Sportモデルの開封レビュー!

自分の使い方と他のApple Watchユーザーの使い方が、ほとんど同じだったのはいいことなのか、な?

1日に30〜40回、Apple Watchをチェックする

1つ目のグラフがこちら。

Apple Watchをどれぐらいの頻度で使うか
1時間のうち、Apple Watchをどれぐらいの頻度で使用するか」の結果がこれ。

一番多いものから順に、

「2〜3回」・・・38%
「4〜5回」・・・28%
「6〜7回」・・・13%
「0〜1回」・・・6%
「8〜9回」・・・6%
「分からない」・・・1%

という結果になりました。

スマートウォッチだけあって、普通の時計よりも多い頻度で使われているのが分かります。

Apple Watchで最も使われている機能と使用時間

2つ目のグラフがこちら。

今度はApple Watchで使われている機能とその使用時間を集計した結果です。

Apple Watchのどの機能が使われているか その頻度と使用時間
上から順に、最も使われている機能とそのパーセント。右の赤い棒グラフは、その機能を使った時間(秒)を表しています。

一番上から順に、

時間(50%)・・・1回あたり 3.8秒
通知(17%)・・・1回あたり 9.2秒
ワークアウトのタイマー(6%)・・・1回あたり 5.6秒
通知センター(6%)・・・1回あたり 8.4秒
アクティビティ(3%)・・・1回あたり 5.6秒
ワークアウト(2%)・・・1回あたり 13.7秒
Siri(2%)・・・1回あたり 20.0秒
アプリランチャー(1%)・・・1回あたり 33.6秒
Apple製以外のアプリ(1%)・・・1回あたり 19.5秒
その他のApple製アプリ(1%)・・・1回あたり 29.3秒
電話(1%)・・・1回あたり 31.1秒
マップ(1%)・・・1回あたり 46.9秒
メール(0.1)・・・1回あたり 24.0秒

という結果になっております。

ほぼ予想通りの結果ですね。

主に「時計」として使いつつ、「通知センターでiPhoneに届いた通知をチェックする」、「ワークアウトで使う」、「アクティビティをチェックする」、という使い方が見えてきます。

僕の生活を振り返ってみても、ほぼ同じ使い方ですね。


気がつけば発売からもう既に7か月も経過したApple Watch。

購入当初から2か月ぐらいまではほぼ毎日、寝るときまでつけてましたが、夏になり暑くなってからはワークアウトの時しかつけなくなってしまいました。外出時に、たまにつけるようにしてましたが、充電が切れてつけられなかったことが多々ありました。

やっぱり2日間放置したぐらいですぐバッテリーが無くなるのは使い勝手が悪いよ。

丸1日放置したApple Watchのバッテリーは100%→66%まで消費。使わない時は省電力モードがおすすめ

来年発売されるApple Watch 2では、省電力モードではなく、通常の状態で放置しても5日ぐらいはバッテリーが持つように改善されないと、正直売れないと思います。

やっぱ、毎日充電する時計って、面倒ですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。