アドビ クリエイティブクラウド(Adobe CC)を月額2千円台という格安価格で購入!注文から登録までまとめ

アドビ クリエイティブクラウド(Adobe CC)を月額2千円台という格安価格で購入!もちろんコンプリートです!

定価5,378円(月額/税込)のAdobe CC コンプリートプランを2,781円(月額換算/税込)で購入しました!

ついに買いました!アドビ クリエイティブクラウド(以下、Adobe CC)のコンプリートプラン!1か月前からPhotoshop CC 2015の体験版をiMacにインストールして使ってましたが、使い勝手が良すぎて「今まで俺はなんでこんなにいいものを使ってなかったんだ!」とちょっと自己嫌悪に陥るぐらいの衝撃を受けてしまいました。その他、IllustratorとかPremiereなんかも、さぞ使いやすくなってるんだろうと思ったので、思い切ってAdobe CCを購入することにしました。

自称節約家の私。かといって、Adobeのサイトで月額5,378円(2015年10月1日以降の請求分から消費税が課税されるようなので、税込でこの価格です。)のプランを購入するなんてことはしません。

というのも、もっと安くAdobe CCを購入する方法があるから。その方法は、以前ご紹介したこれですね。

スポンサーリンク

Adobe CCを安く購入する方法

今年の8月に書いたこちらの記事。

Adobe CCをAmazonのセール価格よりも安く使う方法

いよいよこれを僕が使う日がやってきました。

というわけで、デジハリ・オンラインスクールの Adobe CC + 基礎講座「Adobeマスター講座 33,380円(税込)」の申し込み → Adobe CCコード到着 → Adobe CCの登録まで をまとめてみました。購入を検討中の方、参考にしてみてください。

Adobe CC 購入の流れ in デジハリ・オンラインスクール

今回僕が購入したのは、市販されている製品版と全く同じの「指定校ライセンス版」。もちろん商用利用も問題ありません。安くソフトを購入できるのは、Adobeに認定されているスクールパートナーであるデジタルハリウッドの講座を受ける(受けた)方に限られています。(講座は11月下旬から約1か月間オンラインで動画を視聴する形式で行われました。レポートを必ず提出する必要はないので見なくても大丈夫ですが、基礎のおさらいに使えるので復習したい方はどうぞ。)

デジハリ・オンラインスクールは、日本に数校しかないAdobeのプラチナスクールパートナーに認定されています。今回初めて利用してみましたが、メールでの連絡がしっかりしており、一度も不安を感じることはありませんでした。

その他、よくある質問も充実してるので、詳しくはそちらをご覧ください。

さて、まずはデジハリ・オンラインスクールにアクセスします。

デジハリ・オンラインスクール 選べるAdobe格安プラン
「Adobe Creative Cloud」が40%オフで手に入る! | デジハリ・オンラインスクール

今回の僕の目的はソフトなので、一番左の「Adobeマスター講座 33,380円(税込)」を選びました。スキルを磨きたい方向けに、初心者向け専門講座も付属したプランも用意されていますね。


デジハリ・オンラインスクール お申し込み講座の確認
お申し込みの前に、受講環境と約款のご確認をお忘れなく。

「お申し込み」をクリックすると、ショッピングカートに移動します。

そこで、

「注文内容の確認」
「購入者情報、お届け先、支払い方法」
「職業、生年月日、性別、受講目的、申し込みのきっかけ、などのアンケート」

を記入します。


デジハリ・オンラインスクール ご注文ありがとうございます
これで注文が完了。あとはAdobe CCのソフト(コード)が届くのを待つだけ。


・・
・・・

それから6日後。

デジハリ・オンラインからの郵送物が届きました!

ソフトが「指定校ライセンス版」なので、手続き完了から発送完了まで1〜2週間ほどかかるとのことでしたが、実際には注文から6日後に届きました。意外と早くてびっくり。

デジハリ・オンラインスクールからAdobe CCが到着
クロネコヤマトの宅急便で届きました。


封を開けると、

デジハリ・オンラインスクールからAdobe CCが届いた中身
紙が2枚とAdobe CCの12か月メンバーシップパッケージが入ってました。


デジハリ・オンラインスクールからAdobe CCが届いた中身一覧
内包物はこの3点のみ。

お届け明細書1枚、Adobe Creative Cloudの製品紹介とソフトウェアダウンロードカードの利用方法が1枚、そして待ちに待ったAdobe CC 12か月メンバーシップパッケージ「学生・教職員個人版」です。

お届け明細書にはデジハリ・オンラインスクールの名前ではなく「アドビアカデミックコールセンター」の表記がありました。発送元はデジハリ・オンラインスクールと書かれてましたが、実際はアドビからの発送みたいですね。だから早く届いたんでしょうね。


Adobe CC 12か月メンバーシップカード「学生・教職員個人版」の裏面
パッケージを開けるとAdobe CC 12か月メンバーシップカード「学生・教職員個人版」が入ってました。その裏面がこちら。「この部分をコインなどで削ってください。」を削るとコード番号が記載されています。


最後はオンラインで登録です。

デジハリ・オンラインスクールから事前に届いているメールに記載されている「コード引き換えページ」にアクセスします。

クリエイティブクラウドのIDでログインする
体験版を利用する際にAdobe IDを作っていたので、今回はそのIDでログインしました。

Adobe IDを持ってない方はここでメンバー登録を行ってください。


Adobe ID 電話番号を追加
パスワードを万が一忘れた場合にアカウントに再度ログインできるように、携帯電話を登録します。

左の画面で自分の携帯電話番号を入力して「ADD MY PHONE NUMBER」をクリックすると、登録した番号に6桁の番号がSMSで送られてきます。それを右の画面に入力し、「CONFIRM CODE」をクリックすると完了です。


これでログインが完了しました。

Adobe CC コードを引き換える
Adobe CC 12か月メンバーシップのカードの裏面に記載されたコード番号を入力します。


メンバーシップを自動更新する
本来はここで、12か月経過後に自動的に更新するようにクレジットカード情報を入力します。僕の場合は、1年後更新するかどうかは未定なので「後で通知する」を選択しておきました。

ちなみにですが、自動更新にしておくとキャンセル(解約)が面倒だという話をちらほら耳にします。クレジットカードを登録して面倒になるのが嫌なので、その都度カードを購入して更新したほうが安心かな。


Adobe CC 登録完了
メンバーシップが有効になり、登録が完了しました!


Adobe CC ご利用いただきありがとうございます。
あとは好きなソフトをダウンロードして使うだけ!


ちなみに、体験版で「残り日数が0日」になっていたPhotoshop CC 2015ですが...。

Adobe CC 体験版の「残り○日」が消えた!
コード引き換えが完了し、メンバーシップが有効になったことで「残り○日」の表記が消えました。

まとめ

これで、ようやく最新のAdobeのソフトが思う存分使うことができます。

長く迷っていたのがバカらしく思えるほど、最新のソフトは使い勝手が良くなってます。さらには、iPhoneやiPadで使えるAdobeのソフトもいろいろあるようなので、思いっきり使い倒してみたいと思います。

今回初めてデジハリ・オンラインスクールを利用させてもらいましたが、何の問題もなく、安心して購入することができました。もし来年も延長して使うことになれば、またデジハリ・オンラインスクールにお願いしようかな。

Adobe CCを安く使いたいって方にオススメですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。