MVNO初!月額1,300円で使える国内通話かけ放題サービス「Nifmoでんわ」スタート

  • 更新:
  • 公開:2015.10.30
  • by
  • カテゴリ:格安SIM

月額1,300円で使える国内通話かけ放題サービス「Nifmoでんわ」スタート

格安SIMにいよいよ国内通話かけ放題サービスがスタート!

ついにきましたねぇ!格安SIMを扱うMVNOのNifmoが、MVNO業者としては初めてとなる「国内通話かけ放題サービス」をスタートしました!その名も「Nifmoでんわ」。MVNO業者のもしもシークスが月額1,980円(最安プラン)で1回3分以内 30回まで無料になる「かけたい放題」を展開してますが、Nifmoでんわは月額1,300円で分数や回数の制限はなし。

どちらを選ぶかは言う必要ないですね。

スポンサーリンク

NifMo電話は、専用のアプリを使ったIP電話サービスで、1回あたりの通話時間や回数の制限はなし。月額定額1,300円で携帯電話や固定電話に好きなだけ電話をかけることができます。

NifMo電話で通話料ももっとお得に!
通話し放題、3GBのデータ通信プランを、月額2,900円で利用することができます。税込だと3,132円ですね。これは安いっ!これで通話品質が問題なければ、すぐにでも乗り換えしたい方って、かなり多いんじゃないですかね。

サービス開始に伴い、専用ページも公開されてます。

NifMo でんわ|スマホ(スマートフォン)ならNifMo(ニフモ)

これはいいですねぇ!時間や回数を気にしなくてもいい、こういう通話し放題を待ってました!

Nifmo電話で気になったこと2点

1. かけられない番号がある

国内かけ放題プランは、固定電話・携帯電話(070番号、080番号、090番号)・IP電話(050番号)への発信はできますが、フリーダイヤル・ナビダイヤル・伝言ダイヤル・テレドーム番号(0120、0170、0180、0190、0570、0800)、緊急通報用電話番号(110、119、118)には発信できません。

Nifmo電話の申し込みには、音声通話SIMの契約が必須なので、発信できない番号には通常の電話アプリでかけることになるのかな。

フリーダイヤル以外、かける機会はほとんどないので、そんなに気にしなくてもいいのかな。

2. 発信者番号が表示されない場合がある

NifMoでんわは、海外のネットワークを経由して電話をかける仕組みになっています。

通話先の通信会社によっては、「通知不可能」または「非通知」と表示されたり、日本の国番号である「+81」が発信者番号の先頭に表示されることがあります。

そんな場合のために、「通知不可能」または「非通知」と表示されてしまう場合は、着信通知の情報をSMSで伝える機能が用意されています。

これにはちょっと違和感がありますね。まぁ、慣れれば問題ないとは思いますけどね。

今後の展開には要注意

MVNO初のかけ放題サービス開始は、ユーザーとしてとても嬉しいニュースです。

今後、他のMVNO業者さんたちもこれに追随して「かけ放題」プランをリリースしてくるはず。

さらには、総務省が携帯電話の料金引き下げ議論を開始していますので、大手3キャリアのNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクがどういう料金を提示してくるのかが気になるところ。これによっては、MVNO業者の展開も大きく変わってきますからね。

今結論を出すのはちょっと早いかもしれません。

個人的には、来年のiPhone 7をSIMフリーで購入するつもり。その時までには大勢は決まっているはずなので、その時に判断しようと思います。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。