やる気が出ないなら熱くなれる漫画を読もう。超熱くなれる自転車漫画6選。

  • 更新:
  • 公開:2015.10.16
  • by
  • カテゴリ:

弱虫ペダルが面白い

やる気が出ない時に熱くなれる漫画を読むのはアリだと思う。

久しぶりアニメを見て熱くなってしまいました。9月末から加入して、毎日何かは必ず見ているAmazonプライム・ビデオ。先週は「インディ・ジョーンズ」シリーズ、今週は「イップ・マン」シリーズを見ていました。そして今は「弱虫ペダル」にどハマり中です。

いやぁ、弱虫ペダルがマジで面白い!1話を見たら終わり、もう止まりません。

スポンサーリンク

とにかく内容が熱すぎです。

「アキバにダダで行けるから」という理由で中学校から毎週末、往復90kmある秋葉原までママチャリで通っていた主人公の小野田坂道。アニメにゲーム、ガシャポンフィギュアを愛する小野田は、高校入学と同時にふとしたことでロードレーサーの世界を知り、自分の可能性を試すため、その世界にどっぷりとはまっていく。運動音痴だった主人公が周りの人間に支えられ成長していく姿にはグッとくるものがあります。久しぶりにいい漫画に出会いました。

とにかくみんな自転車が好き。負けず嫌い。そして、一番この漫画にふさわしいのが、

「全力」という言葉。

毎日の生活に疲れてただただ1日をなんとなく過ごしている方
色々やりたいことがあるけど悩みすぎてなかなか行動に移せない方
毎日つまらなく過ごしている方

などなど、とにかくこれ見れば(読めば)熱くなれます。

全力で生きることの大切さ、そして楽しさがどんどん伝わってきます。

やる気が出ない時に熱くなれる漫画を読むのはアリだと思いますよ。


というわけで、これまで僕が読んだ自転車漫画で熱くなれるものをご紹介。

1. 弱虫ペダル

ママチャリで激坂を登り、秋葉原通い、往復90km!! アニメにゲーム、ガシャポンフィギュアを愛する高校生・小野田坂道、驚異の激コギ!! ワクワクの本格高校自転車ロードレース巨編!!

高校生のロードレースを描いた自転車漫画。いまどハマり中です。Amazonプライム・ビデオで視聴中。登坂が好きな主人公が、萌え系ソングを歌いながら坂道を登る姿に何度か吹き出しました。真剣な場面と息抜きの場面のバランスもいいですね。

2. シャカリキ

小学校2年生の野々村輝は、父の転勤のため、東京から関西のとある町に引っ越してきた。輝の宝物は、買ってもらったばかりの自転車。ところが、この越してきた町は急で長い坂が異常に多く、自転車に乗っている子供などはいないらしい。自転車店も町に一軒だけで、その店「双葉双輪館」のおっちゃんでさえも「この町で自転車に乗ってる子供を見たのは5年ぶりだ」と言う。しかし、負けず嫌いで強情っぱりの輝は、この町の坂の中でも特にきつい「二番坂」、そして「一番坂」に挑む...

初めて読んだ自転車漫画。「テルーーーー!」というセリフが印象的で、この主人公も登坂が大好き。ボロボロになりながらも山で一番になることに執着する姿に、心動かされます。これ、何度も読みました。

3. かもめ☆チャンス

28歳。男手ひとつで娘を育てる信金マンの更科二郎が出会った1台のロードバイク。変わりばえのない生活を変えるチャンスが今!?まだ人生を諦めたくないアナタに贈る、自己再生ロードバイク・ストーリー!!

サラリーマンが主人公の自転車漫画。地方信用金庫に勤務している、父子家庭で28歳のサラリーマンが自転車の世界にドンドンはまっていく物語。社会人の方は共感が持てるんじゃないですかね。僕もこれ読んで、自転車欲しくなりました。

4. OverDrive

「自転車部に入らない?」大好きな深澤さんから、そう頼まれた篠崎ミコト15歳。天にものぼる気持ちだったのだが、しかし!ミコトは自転車にすら乗れないダメな子だった!!どうするどうなる!? 篠崎ミコトの大冒険、ここに開幕!

目立たない主人公が自転車に出会い、自転車にドンドンはまっっていく物語。これもかなり熱いです。心理描写も細かく、絵の構図がかなり大胆。自転車が本当にかっこいい。

5. ツール

強い海風が吹きすさぶ港町に住む日出島ヒイロは、サイクルロードレース全日本チャンピオンを父に持つ1歳少年。誕生日プレゼントに憧れのロードバイクをプレゼントされたヒイロは、自転車選手とって最大の敵と言っても過言ではい"風"を読むことに関して、非凡な才能を見せる。そんなヒイロの"読み"を目の当たりにしたヒイロの父親・勝は、ヒイロをロードレースの本場・ヨーロッパで走らせてみたいと思い......サイクルロードレースの最高峰、ツール・ド・フランス総合優勝という大きな夢を目指す、超本格ロードレースストーリー、ここにグランデパール!!

ダメな主人公が成長していく自転車漫画とはちょっと違う作品。この作品の主人公は自転車にずーっと慣れ親しんだサラブレットの子。ただ主人公の成り立ちは違うけど、十分熱くなれる漫画です。

6. のりりん

自転車乗りを頑なに拒む青年・丸子一典(28歳:彼女なし)が出会ったのは、キュートな女子高生ロードレーサー・織田 輪。ひょんなことから免許取り消しになってしまったノリに、彼女は自転車に乗ることを勧めるが......。『ぼくらの』の鬼頭莫宏が描く、大人の自転車デビュー入門漫画!

最後は、熱さではなく、ほっこりする自転車漫画をご紹介。母親の「男は30超えらた自転車ね」がすごく印象的。趣味で自転車をやってる人には一番共感できる作品かも。自転車乗りのための交通ルールやトレーニング方法なども出てくるのも面白いですね。これ読んだらかなり自転車に詳しくなれますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。