自分のiPhoneばかりバックアップしてませんか?たまには奥さんのもバックアップしてあげましょう。

  • 更新:
  • 公開:2015.10.14
  • by
  • カテゴリ:iPhoneの使い方

僕のiPhone 6 Plusと妻のiPhone 5c

先日はじめて妻のiPhoneをバックアップしました。

妻がiPhone 5cに機種変更したのが2014年8月ですから約1年と2ヶ月間、バックアップも取らずにずーっと放置してたことになります。紛失したり水没したりクラッシュするなど、iPhoneが壊れるようなことがなかったから良かったものの、もし何か起きてたら全部データが無くなるところでした

パソコンやガジェット系に強くないうちの妻。

スポンサーリンク

ちゃんと定期的にバックアップしてる?」と聞いてみたら、

バックアップって何?」という、予想通りの答えが返ってきたので、一度完全にバックアップを取っておくことにしました。

iPhoneのバックアップ方法は2通りある

iPhoneをバックアップするには(iPad、iPod touchも同じ)、2通りの方法があります。

iCloudで手軽にバックアップする方法」と「iTunesで完全にバックアップする方法」です。

iCloudにバックアップする

MacやWindowsのパソコンを持っていない場合は、iCloudにバックアップします。

●iCloudにバックアップ

  • パソコンがなくてもバックアップできる
  • バックアップはクラウドに保管される
  • バックアップされるのは連絡先や写真といった絶対に無くしたくないデータが対象
  • 最大1TB分のストレージを利用できる(最初の5GBは無料)
  • バックアップは常に暗号化される
  • どこからでもWi-Fiを使ってバックアップを作成または使用できる

iPhoneに入っている写真や動画などの容量が5GBを超えている場合は、別途月額料金を支払ってiCloudストレージをアップグレードする必要があります。

iCloud ストレージの価格体系についてはこちら。
iCloud ストレージの価格体系 - Apple サポート

iTunesにバックアップする

空き容量が十分あるiMacがあるので、僕は月額料金もかからないiTunesでバックアップしてます。

●iTunesにバックアップ

  • バックアップをMacまたはWindowsパソコンに保管する
  • バックアップされるのは写真と動画、連絡先など、ほぼすべてのデータが対象
  • 使えるストレージは、MacまたはWindowsパソコンの空き容量によって決まる
  • バックアップを暗号化できる (デフォルトでは暗号化なし)
  • MacまたはWindowsパソコンでバックアップを作成および使用できる

iCloudでバックアップする方法はこちら。
iCloud または iTunes を使ってデバイスをバックアップする方法 - Apple サポート

妻とApple IDが違うのでMacに別アカウントを作成してバックアップ

今回悩んだのが、1台のMac(Windows)で2つのApple IDをどう管理するのかということ。

僕のApple ID(以下ID1)でログインしているiTunesに、妻のApple ID(以下ID2)で管理しているiPhoneを接続したらどうなるか。これは試してませんが、もし「同期」してしまうと、普通に考えて妻のiPhoneの中身が僕のiPhoneと同じ内容になってしまいます。これはどうしても避けなければなりません。

ただ、同期はせずにバックアップだけ取ることはどうやら可能のようです。ただし、この場合は何かの手違いで「同期」されてしまって、妻のiPhoneのデータが全て僕のデータに置き換わる可能性は確実に残ります。

データが無くなる可能性は極力0に近づけたかったので、

Macに別アカウントを作成して管理すること

にしました。

これだとID1とID2の情報が何らかの手違いでどちらかに上書きされてしまう可能性もありません。iTunesを使って、安心して完全なバックアップを取ることができます。


まずは、Macの「システム環境設定」→「ユーザとグループ」を開き、

Macに新しいユーザを追加
新しい妻用のユーザアカウントを作成しました。

あとは、妻用のアカウントでログインして、iTunesを立ち上げてバックアップするだけです。

iTunesでバックアップする方法はこちら。
iCloud または iTunes を使ってデバイスをバックアップする方法 - Apple サポート

これで万が一妻のiPhoneに何かあっても大丈夫。

皆さんも、たまには奥さんのiPhoneもバックアップしてあげましょう。

感謝されると思いますよ、多分ね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。