歴代iPhoneの防水テスト結果が酷すぎ…iPhone 6sもやっぱりダメか

  • 更新:
  • 公開:2015.10.28
  • by
  • カテゴリ:iPhone

歴代iPhoneの防水テスト…無残な結果に

iPhoneは防水じゃないっ!当然と言えば当然か…

ちょっと前に紹介したiPhone 6s/6s Plusの防水検証動画。

衝撃動画!iPhone 6s/6s Plusは防水仕様だった!1時間水没→48時間後も正常動作が確認される

この時は1時間経過しても全く問題なかったiPhone 6sですが、今回の動画では悲惨な結果になってます。ソッコーでした!

スポンサーリンク

歴代のiPhone、2Gから6sまでの10台をずらっと土台のボードに貼り付け、それを水に沈めて動作検証するという内容です。今回の動画もZach Straleyさんによる実験です。

約3分半の映像です。

▼ A WATER TEST OF EVERY GENERATION OF IPHONE! 2G vs 3G vs 3GS vs 4 vs 4S vs 5 vs 5c vs 5S vs 6 vs 6S

どんどんiPhoneの液晶が真っ黒or変な色に変わっていくのが悲しい。結構シュールな映像ですね。

前回、1時間も耐え続けたiPhone 6sもほんの一瞬でダメになりました。

今回、一番健闘したのがiPhone 3G。2分ちょっと過ぎるぐらいまでは生きてましたね。

以下、画像でもご紹介。

10台の歴代iPhone
2Gから6sまで10台の歴代iPhoneたち。


たっぷりの水に沈めます。
収納ボックスに入った、たっぷりの水に沈めます。


ストップウォッチを設定
すべてのiPhoneでストップウォッチをスタート!


土台が浮いて何度かiPhoneを上下
浮いてくるため、何度か土台を上下。iPhoneからか?空気がブクブク抜けていきました…。


落ち着いた頃にはおそらく内部まで水が浸水したか…
手で押さえてようやく落ち着いた頃には、おそらく内部まで水が浸水したと思われます…。すでにほとんどのiPhoneのディスプレイには何も映らず、真っ黒です。


すべてのiPhoneがダメになりました。
すべてのiPhoneがダメになりました。5sと6sはディスプレイはついてますが、完全に死んでますね。


前回の動画で、iPhone 6s/6s PlusはApple WatchのIPX7等級ぐらいの防水性能があるんじゃないかなと書きましたが、完全に間違いでした。ごめんなさい!

今回は、何度も土台を上下に動かしたことで、各iPhone内部まで完全に浸水してしまったのが原因じゃないのかなと。今回の動画で分かったことは、もしiPhoneを水没させてしまったら、内部の空気が抜けないようにできるだけ動かさず、水から取り出せば、生き残る可能性は高い!ということですね。

※注意事項
iPhone 6s/6s PlusについてはAppleから正式に防水というアナウンスはありませんので、くれぐれも真似しないように。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。