2週間に3回もアップデート!iOS 9.0.2がリリース

  • 更新:
  • 公開:2015.10. 1
  • by
  • カテゴリ:iOS

iOS 9.0.2 ソフトウェアアップデート

2週間に3回のソフトウェアアップデート

OS X El Capitanのアップグレードも来てますが、まずはiOSのお話から。

2009年のiPhone 3GからiPhoneを使い始めてはや6年。2週間という短い期間に、3回もソフトウェアアップデートがリリースされたことは初めてです。細かく言うとアップグレードが1回、アップデートが2回ですね。

前回、前々回のアップデートはこんな感じでした。

アラームやタイマーが鳴らない、APN問題などの不具合を修正したiOS 9.0.1がリリース

iOS 9ソフトウェアアップデートがリリース 1.2GBで約46分かかりました

スポンサーリンク

個人的には、前回のiOS 9.0.1リリース後は特に何も不具合を感じることなく使っていましたが、まだまだバグが残っていたようです。メジャーバージョンアップだとこういうこともあり得るんですね。

今回のアップデート内容は以下の通り。

iOS 9.0.2 アップデート内容

iOS 9.0.2 ソフトウェアアップデート内容

このアップデートには、以下のバグ修正および機能改善が含まれます:

  • Appのモバイルデータ通信の使用状況のオン/オフを切り替える設定の問題を修正
  • 一部のユーザでiMessageのアクティベーションができない問題を解決
  • iCloudバックアップが手動バックアップ開始後に中断されることがある問題を解決
  • 通知の受信時に画面が不適切な向きで表示されることがある問題を修正
  • Podcastの安定性を向上

今回のアップデートのデータ容量は 66.6MBでした。(ぞろ目なのは何か理由が?)

早速アップデートしてみましたが、約10分ほどで終了しました。

2週間に3回もアップデートって大丈夫かよ?

2週間に3回もソフトウェアアップデートって...Apple大丈夫?

という考え方もあると思いますが、完全なOSはまず存在しないというのが僕の考え。

バグがあるのが当たり前だという考えだと、これだけ頻繁にソフトウェアアップデートがあっても「動きが早いなぁ」という印象になります。

iPhoneやiPadは毎日使う大切なデバイス。生活に欠かせないツールです。

不具合やバグに遭遇して無駄な時間を使うよりも、何か不具合やバグがあったときはどんどんソフトウェアアップデートをリリースしてもらって、10分ぐらいでサクッとアップデートする方が精神的に楽です。

時間も節約できますね。

てことで、今回もサクッとアップデートしておきました。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。