Magic Mouse 2は使いながらの充電は不可能。iMacとMagicアクセサリがアップデート!

iMacファミリーがアップデート

充電式になったMagic Mouse 2は使いながらの充電ができない。

iMacファミリーとMagicアクセサリがアップデートされました!iMacは4Kが来るんじゃないかという噂がありましたがそれ通りの展開。21.5インチにRetina 4Kディスプレイモデルが登場し、27インチモデルはすべてRetina 5Kディスプレイになりました。

MagicアクセサリはMagic Keyboard(旧Apple Keyboard)、Magic Mouse 2、Magic Trackpad 2のすべてが、内蔵の充電型リチウムイオンバッテリーに変わりました。もうエネループもいらなくなりますね。

スポンサーリンク

Appleの公式プレスリリースはこちら。

Apple (日本) - Apple Press Info - Apple、美しい新Retinaディスプレイを搭載しiMacファミリーをアップデート

iMacファミリー、Magicアクセサリ、ともに今日からオンラインのApple Storeで購入可能です。

充電式Magic Mouse 2は使いながらの充電は不可能

今回リニューアルされたMagicアクセサリ。

全てのMagicアクセサリは再設計され、これまで以上に使用感が向上しています。さらに!内蔵の充電型リチウムイオンバッテリーが採用され、使い捨てバッテリーの必要性が完全に排除されてます。

充電方法は、Lightning-to-USB充電ケーブルでMacと接続すれば即座にペアリングが完了。約2時間の完全充電後は、1カ月以上もワイヤレスで使い続けられます。

で、それぞれどこにLightningケーブルの差込口があるのかと、製品画像をよ〜く見てみました。

Magic Keyboard Lightningケーブル差込口
Magic KeyboardのLightningケーブルの差込口はここ(赤枠部分)。

Magic Trackpad 2 Lightningケーブル差込口
Magic Trackpad 2のLightningケーブル差込口はここ(赤枠部分)。

ともに、Lightningケーブルを差し込んだまま使用が可能です。

一方のMagic Mouse 2はどうかと見てみると…

Magic Mouse 2 底面
Magic Mouse 2の底面がこちら。最初、どこにあるのかわかりませんでしたが、下にある角丸の黒い部分を拡大してみると…

Magic Mouse 2 Lightningケーブル差込口
やっぱりこれですね。わずかに金色の端子が見えます。

こんなところにLightningケーブルの差込口があるってことは、使用しながらの充電は完全に想定していないってことになりますね。

満充電に2時間必要ということですが、Apple Pencilのように15秒間の充電で30分間使えるという、素晴らしい充電機能が備わっていれば全く問題なしです。

Magic Mouseを毎日使っている僕からのツッコミでした。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。