Mac用のコピー&ペーストを超効率よく使えるアプリ『Clipy』がEl Capitan に正式対応!

Mac コピーペーストアプリ Clipy

コピペをよく使う時に重宝する「Clipy」がEl Capitanに対応!

Mac使ってコピペをよく使うなら入れておきたいアプリ「Clipy」がEl Capitanに正式対応しました!僕がアップデートを確認できたのが10月22日。El Capitanがリリースされたのが10月1日なので、約20日間ほどコピーペーストの作業効率が下がってたことになります。

ようやく楽にコピペができるようになります。


スポンサーリンク

clipyについてどんなものか知りたい方はこちらをどうぞ。

コピー&ペーストをフル活用できるアプリ『Clipy』に惚れた!Macには絶対インストールしておきたいっ

公式サイトはこちら。

Clipy - Clipboard extension app for Mac OS X

ClipyがOS X El Capitanに正式対応

先週の10月22日、Macを再起動した際に下記ダイアログが出てきました。

新しいバージョンのClipyが入手できます!
「ソフトウェア・アップデート 新しいバージョンのClipyが入手できます!」の画面。これ見たときは、

おぉ!やっと来たかっ!待ってました〜

って感じでしたねぇ。うれしかった!作者の方、ありがとうございます!また使わせていただきます!


今回のClipy 1.0.5のアップデート内容は以下の通り。

  • メモリの使用量が多くなる問題の修正
  • 重複履歴の上書きに関する設定を追加
  • OS X El Capitaを公式サポート

正式にEl Capitanに対応し、バグも修正されてます。

アップデートの容量は、

Clipyのアップデート容量は6.7MBでした。
6.7MBでした。アップデートはすぐ終わります(アップデート後はMacを再起動してくださいね)。

これまではClipyの環境設定で「アップデートを自動的にチェック」を「毎週」に設定してました。

Clipy環境設定 アップデートを自動的にチェック
今後、OS Xのアップデート直後に、もしClipyが対応していないのであれば、これを「毎日」に変更しておくといいですね。これでアップデートをスルーしてしまうことがなくなります。

ClipyのEl Capitan対応を待ってた方、El Capitanでコピーペーストをもっと効率的に使いたい方、Clipyをどうぞ!便利ですよ♪

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。