iPhone 6sに買い替えた方がいい?10のチェックリスト

  • 更新:
  • 公開:2015.9. 3
  • by
  • カテゴリ:iPhone

iPhone 6s に買い換える理由

買い換えますか?様子見ですか?

iPhone 6s / 6s Plusがそろそろ発表&予約開始される予定です。(2015.9.10追記:発表された新製品たちを動画でチェック 以下の情報も更新済みです。)

買い換えるか・様子見するか・見送るか、その決断をするために9to5Macさんが公開している「あなたの古いiPhoneをiPhone 6sに買い替える10の理由」を「iPhone 6sに買い替える?10のチェックリスト」として使わせていただきました。

それでは早速チェックしてみましょう。

スポンサーリンク

iPhone 6sに買い替える?10のチェックリスト

9to5Macさんの記事がこちら。

Opinion: These are the 10 reasons to upgrade your old phone to iPhone 6S | 9to5Mac

これをもとにチェックしていきます。

ちなみに僕は、iPhone 6 Plusを持ってますのでそれとの比較になります。

1. 新しいiPhoneは画面サイズが大きい

4.7インチ、5.5インチのiPhoneを数日使ってみると、4インチのiPhoneに戻った時に、まるでおもちゃのような感覚になります。たった0.7インチ、1.5インチの差だから大したことないと思われるかもしれませんが、これはとても大きな差です。はっきりと断言できます。さらに、小さな画面で文字を凝視することもないので、目にも優しいです。

iPnone 6s / 6s Plusは、iPhone 6 / 6 Plusと同じディスプレイサイズなので、僕にはこの項目は当てはまりませんでした。

2. 新しいiPhoneはバッテリーが長持ちする

iPhone 6 / 6 Plusはディスプレイが大きくなっただけじゃなく、バッテリーの容量もアップしています。iPhone 6 Plusのバッテリー容量は2,915mAh。iPhone 5sの容量が1,519mAhなので、なんと約2倍の容量があります。

僕もiPhone 5sから6 Plusに買い替えた時に、バッテリーがかなり長持ちするすることに驚きました。

iPhone 6 Plus のバッテリー持ちが素晴らしい!1日6時間使っても残量50%越え!

バッテリー容量は、6s/6s Plusも同じ。なので、僕にはこの項目は当てはまらず。

3. Touch IDが便利

iPhone 5sから採用された指紋認証のTouch ID。ロック画面を解除する時だけでなく、App Storeでアプリを購入する時にも利用できます。わざわざパスワードを入力する必要がないので、かなり便利です。Apple Payに対応した国では支払い時にも活用できます。

もちろん6sにも採用されてます。

iPhone 6 Plusでも使えるので、この項目は当てはまらず。

4. カメラの性能がさらに進化

iPhone 6s/6s Plusではさらにカメラの性能がアップしました。これまでのiPhoneのカメラもレンズの性能が進化したり、光学式手ぶれ補正がついたりと、かなりの高性能性です。こんな写真や動画が撮れるぐらいに。

iPhone 6で撮影された素晴らしい写真 Shot on iPhone 6 に動画作品が追加「World Gallery in motion.」

6s/6s Plusでは、そのカメラの性能がさらにアップ。1,200万画像のカメラで4K動画も撮影できるようになりました。さらにフロントカメラは500万画素になりました。これまで以上に美しい写真や動画を撮影することができるようになりました。

これはいい♪買い替えたいなぁ。この項目は当てはまりました!

5. 新プロセッサで処理速度が向上

年々新しくなるプロセッサ。それに伴って向上する処理速度。今度の6sでも例外ではなく、新開発のA9チップが採用され、CPUは70%、GPUは90%も高速化しています。

iPhoneではなくiPadですが、過去モデルのスピード比較動画を以前紹介しましたのでこちらをご覧ください。

初代iPadからiPad Airまでスピード比較!どれが一番速い?

最新モデルはやっぱり動作が速い。iPhoneもこれは同じで、最新モデルの処理速度の速さには古いモデルはどうしても追いつけません。3世代前とかになるとその差がはっきり出てきますね。

一世代前の6/6 Plusではそんなに目をみはるほどの影響はないので、この項目は当てはまらず(ちょっとは気になる)。

6. もうiPadがいらなくなる

画面が大きく、処理速度が速く、バッテリーの持ちが良くなったiPhone 6/6 Plusは、大ヒットしたiPhoneになりました。その反面、iPadの売り上げが大幅に落ちてます。ちょっと画面の大きいiPad miniだけでなく、iPadさえもいらないと感じる人が多いようです。

iPadが必要ないと感じるほど、最近のiPhoneは完成度が高いんです。

iPad miniを持ってますが、これはこれで僕はすごく好きです。特にKindle本を読む端末としてはベストなものだと思ってます。要は個人の使い方ですね。

僕にはこの項目は当てはまらず。

7. 横向きモードとSplit View(分割スクリーン)

古いiPhoneでも画面を横向きにして使うランドスケープモードは使えますが、画面が大きいとさらに便利に使うことができます。また、iOS 9からはマルチタスクの機能が向上し、画面に2つのアプリを表示できるSplit View(分割スクリーン)が使えるようになります。

6 PlusでもiOS 9は使えるので、この項目は当てはまらず。

8. Apple Watchのサポート

iPhone 6sはApple Watchが発売された後に初めて発売されるiPhoneになります。ハードウェアベースでの連携の強化が何かしらあるのかもしれません。(追記:特に何もなさそうです。)秋にリリースされるWatch OS 2の進化具合も、合わせて気になるところです。

Watch OS 2 で秋からApple Watchがどうなるのかよく分かる動画2本!ネイティブアプリ起動速っ!

この項目は当てはまらず、というか不明です。

9. 3D タッチ(Force Touch)

画面をグッと押すことでなんらかの指示を出す感圧式の新しいインターフェース「Force Touch」。Apple Watchや新しいMacBookにも採用されている新しい機能です。6sにはこれが「3D タッチ」という名前になって搭載されました。「タップ、押す、強く押す」の3段階を使い分け、これまでよりも素早い操作が可能になりました。

これはいいなぁ。この項目は当てはまりました!

10. 新色

iPhone 6sでは、これまでのスペースグレイ・シルバー・ゴールドに加えて、新しく「ローズゴールド」が追加されました。ピンクがかったゴールドです。

この項目は当てはまらず。今はスペースグレイですが、今度使うならゴールドかなと思ってました。

まとめ

全10項目のチェックリストのうち、僕が当てはまったのは「4. カメラの性能がさらに進化」と「9. Force Touch」の2つだけでした。というわけで、僕は今回は買い換えない予定です。カメラの進化が一番気にはなりますが、それと3D タッチだけでは買い替えの対象にはならないかなと。

10項目中最低でも5個以上であれば、買い替えの対象になるんではないでしょうか。

あなたは何個当てはまりましたか?買い換えちゃいますか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。