美しく堅牢な皮革ブライドルレザーを使ったiPhone 6s/6s Plusケースが登場

GRAMASブライドルレザーケース iPhone 6s/6s Plus対応

600年以上の歴史を持つブライドルレザーのiPhone 6s/6s Plusケースが登場

本物の素材を使用し、その良さを生かしたデザインと加工品を提供するGRAMASから、また新しいiPhone用ケースが発売されてます。今回は、貴重なブライドルレザーを使用したiPhone 6s/6s Plus対応ケースです。サイズが同じなのでiPhone 6/6 Plusでも使用可能なのは嬉しいですね。

いいなぁ、これ。味が出まくるんだろうなぁ。

スポンサーリンク

今回発売されたのは、

iPhone 6/6sに対応した、GRAMAS Bridle Leather Case[ iPhone 6/6s ]と、
iPhone 6 Plus/6s Plusに対応した、GRAMAS Bridle Leather Case[ iPhone 6/6s ]

の2種類。

ブライドルレザーとは?

ブライドルレザーとは

ブライドルレザーは、牛革の皮革をナチュラル・タンニンなめしでなめし、蜜ロウやタロー植物性油などのワックスをしっかりと染み込ませた革のこと。もともとは馬具としてヨーロッパで使われ、手綱にしても大丈夫なぐらいとても堅牢な皮革です。

ブライドルレザー特有の革の表面に浮いている白い粉は、ブルームと呼ばれるワックスが浮き出たもの。これは使っていくうちに自然となくなり、それが美しい飴色のツヤになり、なんとも言えない味になっていきます。ブライドルレザーによっては、このブルームが自然に取れにくいものもあるので、気になる場合は柔らかい布やブラシで拭き取ります。

僕も幾つかブライドルレザーの製品を使ってますが、味が出てくるのがなんとも言えないんですよね。

iPhone用 GRAMASブライドルレザーケース

GRAMASのiPhone用ブライドルレザーケースの特徴はこちら。

  • 本製品には、イギリス・ブリストルに居を構える1840年創業の老舗タンナー、トーマスウェア社のブライドルレザーを使用しています。
  • 600年以上の歴史をもつと言われるブライドルレザーは、馬具に端を発するイギリスの伝統的なレザーです。その特徴は、ロウ引きによる堅牢な素材感と、使い込むごとに飴色の艶を出す独特の味わい。
  • トーマスウェア社のブライドルレザーは、数ヶ月にわたってじっくりとロウ成分を染み込ませた高級皮革として知られています。革の内部まで浸透したロウ成分は、繊維を引き締めて耐水性に優れた丈夫なレザーを生み出します。
  • 革の表面に浮く白い粉は、上質なブライドルレザーの証拠。馬毛のブラシや柔らかい布で優しく磨くことで、透明感のある美しい表情をお楽しみいただけます。
  • おサイフケータイ機能のないiPhoneのために、ケース内側にICカード用ポケットを付けました。ICカードを入れたままケースごとかざすだけで、自動改札やコンビニ、飲食店での決済ができます。iPhone 本体とICカードが電波干渉を起こさないよう、本革張りの防磁シートが付属しています。

GRAMASブライドルレザーケース
背面はGRAMASの「G」の文字が刻印されたシンプルなデザイン。

GRAMASレザーケース 内側
サイドボタン類はケースがくり抜かれたデザイン。内側にICカード用ポケットが付いてます。

GRAMASブライドルレザーケース
ICカードを入れたまま決済ができます。iPhoneとの電波干渉を防ぐ防磁シートが付属しています。

カラバリは、ブラック・レッド・チョコ・ネイビー・タンの5色。

使っていくうちに、どんどんと自分オリジナルの革に育っていくブライドルレザー。特に革の成長を楽しみたいならタンがおすすめです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。