事前準備で回答がスムーズに!国勢調査に初めてインターネットで回答してみた。

平成27年度国勢調査 インターネット回答の利用案内

我が国初の全世帯を対象としたオンライン調査

国勢調査の「インターネット回答の利用案内」が届いたので、初めてインターネットで回答してみました。前回までは紙の調査票のみでしたが、今年からインターネットでも回答が可能になりました。

実際にやってみましたが、特に難しいこともなく約10分ほどで完了。初めてだったので、その流れと必要なものを簡単にまとめてみました。まだの方は参考にどうぞ。

スポンサーリンク

国勢調査とは

国勢調査とは、日本国内に住むすべての人と世帯を対象に、国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、統計法という法律に基づいて5年に一度実施される統計調査。ある時点における人口及び、その性別や年齢、配偶の関係、就業の状態や世帯の構成に関するデータを調べるもの。

国勢調査の回答に必要なもの

配偶者の勤務先とか住所とか分かります?

今回久しぶりの回答だったので、必要なものが何なのかすっかり忘れてました。特に一人世帯以外の複数人分を回答する場合、分からないことがあるかもしれませんので、事前に確認しておいた方がスムーズに回答できます

○ 確認しておきたい世帯員の情報

  • 生年月日
  • 現在の場所に住んでいる期間
  • 勤め先の会社の住所
  • 勤め先・業主などの名称および事業の内容と仕事内容

電子調査票の全体構成

どういったことについて回答するのか、その一覧がこれ。

電子調査票の全体構成

○ 世帯員について

  1. 世帯員の数及び世帯の種類
  2. 氏名及び男女の別
  3. 世帯主との続き柄
  4. 出生の年月
  5. 配偶者の有無
  6. 国籍
  7. 現在の場所に住んでいる期間
  8. 5年前(平成22年10月1日)の居住地
  9. 9月24日から30日までの1週間の仕事
  10. 従業地又は通学地
  11. 務めか自営かの別
  12. 勤め先・業主などの名称及び事業の内容、本人の仕事の内容

○ 住居について

  1. 住居の種類
  2. 住宅の建て方

項目は多いように見えますが、全部わかってれば10分もかかりません。

国勢調査 インターネット回答の流れ

インターネット回答の流れはこんな感じです。

国勢調査オンラインにアクセス
まずは、国勢調査オンラインへアクセスします。

利用者情報を入力
届いた「平成27年度の国勢調査インターネット回答の利用者情報」に記載してある「調査対象者ID」と「初期パスワード」を入力してログインします。ちなみに、入力画面はちゃんとSSLで暗号化されてます。

あとは、事前に用意していた情報を入力していくだけです。

最後に、

パスワードの設定
パスワードを設定します。これは最初のログインに使用した「初期パスワード」を自分だけのパスワードに変える設定です。設定したパスワードはちゃんと保管しておきましょう。

以上でインターネットでの回答は終了です。

お疲れ様でした。


最近、国勢調査をよそおった「かたり調査」が増えているようなのでご注意を。

調査員の口から、銀行口座の暗証番号やクレジットカード番号といった単語が出てきたらそいつは偽物です。すぐに警察に通報しましょう。

インターネットでの回答は期限があります。まだの方はお早めに。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。