間違えて消してしまったWebブラウザのタブを復元する方法|OS X Tips

  • 更新:
  • 公開:2015.8.12
  • by
  • カテゴリ:Macの使い方

間違えて消してしまったタブを復元する方法

あぁ、また入力しないといけないのか...

WEBブラウザでテキスト入力フォームを編集中に、間違えてタブを消してしまったことありませんか?僕はたった今やっちゃいました。

スポンサーリンク

Instagramのアカウントを初めて作ったんで、アカウント情報を編集しようと色々とやってる最中にGoogle Chromeのタブを間違えて消してしまいました。「うわっ!どうしよう!」と一瞬悩みましたが、そういえば簡単に復元できるってことを覚えてたので、焦ることもなく、すぐに対処することができました。

消してしまったタブは履歴メニューから復元が可能

以下、Google Chromeで作業していたことが前提です。

Google Chrome の履歴

Google Chromeメニューの中から「履歴」を開きます。その中にある「最近閉じたタブ」にある「プロフィールを編集・Instagram」を選択。

すると・・・

テキスト入力フォームを編集中の画面

おぉ!見事にテキスト編集中の画面に戻りました。内容も消した直前のものです!ふぅ〜、助かりました。

タブをたくさん開いていると、タブが小さくなるので間違えて消す確率は高くなりますね。これは仕方ないか。また間違えて消してしまったらまた復元すればいいし。

Google Chrome、やっぱりメインのブラウザとして使っててよかった。優秀ですね。

Safariだと編集中のタブを消そうとすると警告が出る

今度はSafariの場合。

Safari テキスト入力フォーム編集中にタブを閉じると警告が表示

Safariでも同じように、テキストを編集中にタブを閉じようとすると、


このタブを閉じてもよろしいですか?

"プロフィールを編集・Instagram"にテキストが入力されています。タブを閉じるとそれらの変更が失われます。タブを閉じてもよろしいですか?


と表示され、「キャンセル」か「閉じる」を選択できるようになってます。こちらもなかなか便利ですね。

ちなみに、

Safariの履歴

Safariメニューの「履歴」にも閉じてしまった内容が表示されてるので、クリックしてみると...


Safariではテキスト編集画面には戻らない

編集画面には戻らず。閉じる前に保険があるのでこれは当然ですかね。


Google Chrome、Safariで試してみましたが、それぞれテキスト編集中のタブやウィンドウを「閉じる」を選択した時のルールが違います。

・Google Chromeは消しても復元できる

・Safariは消さないように警告が出る

方法は違いますが、どちらもちゃんとユーザのことを考えて作られているのが分かりますね。

これ覚えておくと安心ですよ。タブを消してしまったらぜひお試しを。


というわけで、Instagram はじめました。僕のInstagramはこちらからどうぞ。

Instagram


Instagram

まだ使い方がよくわかってないので、色々と試行錯誤しながらやっていきます。どうやったらフォロワーが増えるのかも調べないとな。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。