超おすすめ!海水浴に持って行って良かったものベスト5

  • 更新:
  • 公開:2015.8. 3
  • by
  • カテゴリ:モノレビュー

超おすすめ!海水浴に持って行って良かったものベスト5

夏!真っ盛り!夏休み真っ最中!

というわけで、先日、家族で海水浴に行ってきました。その時に色々とものを持って行ったんですが、その時に『本当に持って行って良かった!』と本気で思ったものがありましたので、『持って行けば良かった』とちょっと後悔しているものと合わせて、ベスト5をご紹介します。プールに行くときにも使えると思います。

スポンサーリンク

第5位から書こうかと思いましたが、回りくどいし、めんどくさいので、いきなりベスト1からどうぞ。

ベスト1 強力!空気入れ

INTEX(インテックス) ハイアウトプットハンドポンプ ダブルクイックIII

INTEX(インテックス) ハイアウトプットハンドポンプ ダブルクイックIII

これ、だたの空気入れじゃありません。強力空気入れです!小さい浮き輪はもちろん、大型の空気ビニール商品を膨らませることができる強力ポンプです。これまでは足でペコペコするタイプのものを持ってましたが、小さめの浮き輪でもかなり時間がかかってました。しかも毎回かなり疲れてました。

先端には4種のノズルが付いてます。

この強力ポンプにはホースの先端にホースを含めて4種類のノズルが用意されており、対象の穴の大きさに合わせて変えることができます。ボールに空気を入れるノズルもあります。


大きな浮き輪を膨らます

こんな大きなフローティングラウンジ(海やプールでプカプカ浮くやつね)も…


2分もあればパンパンに膨らむ

あっという間です!ダブルクイックのポンプは、押す時と引く時に空気が入るダブルアクションなので、大人だと2分もあればパンパンに膨らませることができます。ノズルを差し込み、足で抑えてポンプを上下するだけなので、小学生ぐらいの子どもでもできるんじゃないかな。


浮き輪とフローティングラウンジ

子ども用の浮き輪と大人が使うフローディングラウンジ、これ以外にもビーチボールも持って行きましたが、ものの数秒でパンパンになりました。

熱い太陽の下、少しでも早く海に入りたいと思ってる時に、これだけスピーディに浮き輪を膨らませることができたのは本当にありがたかったですね。

これ、マジで買ってよかったです。

ベスト2 ソフトクーラーボックス

Coleman ミニマキシ(ソフトクーラーボックス)

Coleman ミニマキシ(ソフトクーラーボックス)

上記写真は16リットルのもの。容量や色違いがいろいろあります。目的地の海水浴場まで車で移動しましたが、その際に重宝したのがこのクーラーボックス。コールマンのソフトケースです。

きれいな海を求めて、2〜3時間かけて海まで行きましたが、その際に冷たい飲み物は欠かせません。さらにコンビニでアイスを買った時とか、子どもが食べきれなくなっても少しの間なら溶けずに保存することもできました。


コールマンのソフトクーラーボックス

大きさは、そこまで大きくない16リットルぐらいの容量ですが、2リットルの麦茶と500mlのジュースを5本、あとチョコレート系のお菓子を入れても十分な容量でした。


コールマンのソフトクーラーボックス コンパクトに折りたためるのがいい

使わない時はコンパクトに折りたためるのがいいですね。今回は海水浴に行くために購入しましたが、キャンプやバーベキューはもちろん、夏の熱い時に、ケーキやアイスクリームを買って家まで持ち帰るための買い物バッグとしても使えますね。

ベスト3 強力保冷剤

強力保冷剤

ロゴス 保冷剤 倍速凍結・氷点下パック

上記写真のものはMrMaxオリジナルの強力保冷剤です。これを2つ、「ベスト2」のクーラーボックスの中に入れて使いました。

最初は普通の保冷剤を買おうかと思いましたが…

強力保冷剤の効果

このグラフを見て強力保冷剤しかないなと即決。この暑さの中、実際に使ってみましたが、クーラーボックスは車に入れたままでも丸2日は中が冷たい状態を保ってました。

完全に凍るまでは48時間以上かかりますが、凍りにくく溶けにくいということを実感できました。強力保冷剤すごいです。

ベスト4 日焼け止めグッズ

日焼け止め

UVカット・日焼け止め 売れ筋ランキング

もう、これは絶対に忘れたらダメです!この季節、日焼け止めグッズは必需品です。特に肌の弱い方、日焼けしたあとが真っ赤になる方は、必ず持って行って丁寧に塗ってください。

海に入る人は、水や汗に強いウォータープルーフのものを使うことをお勧めします。僕の場合、1日目にウォータプルーフじゃないものをつけて海に何度も入ったので、ほとんど流れ落ちて気がついたら肩やふくらはぎが真っ赤っかになってしまいました。(もちろん何度も塗り直しました…)

日焼けはやけどです。ひどい日焼けになると、あったかい風呂にも入れなくなって、数日間つらい思いをしなければなりません。そうなりたくなければ、ガッツリと日焼け止めを塗りましょう。

忘れちゃいけないのが頭皮の保護。頭皮もかなり日焼けするので、帽子やキャップもいいですが、海にもぐって遊びたい場合はスイミングキャップがおすすめです。

その他、完全に日焼けしたくない場合は長袖のラッシュガードやタイツもいいですね。海でも着てる方をちらほら見かけました。

ベスト5 スマホ用防水ケース

スマートフォン用防水ケース

オウルテック iPhone6/6Plus Xperia GALAXY Note3も入る大きめサイズのスマートフォン用防水ケース 防水保護等級IPX8取得

ベスト4までは『持って行ってよかった』ものですが、最後のベスト5は『持って行けばよかった』ものです。

今回、海に行くことが決まってから相当悩んだのが海の中での撮影。いろんな防水ケースを調べましたが、IPX8取得でも本当に大丈夫なのか、最後まで決断できず。

海に行って砂浜からデジタル一眼レフで撮影しましたが、やっぱり水に近い写真が撮りたくなったんですよね。砂浜で遊んでいる子どもだったら防水ケースは必要ないので、iPhoneをもって撮影開始。塩分を含んだ海水がつかないように注意しながら、万が一落とすこともあり得るので、終始ヒヤヒヤしながらiPhoneで撮影してました。

こんなにヒヤヒヤするぐらいなら、最初から防水ケース買っておけばよかったなとかなり後悔したので、次回行くときは絶対に持っていきたいと思います。

まとめ

海に行く前にイメージして、これはいるだろうなと思ったものが意外と使わなかったり、これ使うかなぁと思ってたものが以外と重宝したりと、個人的に気がついたことを元に書いてみました。

あと、海はプールと違っていろんな虫や生き物がいます。今回、ぼくは初めて背中を1箇所アブに刺されました。ひどくはないですが2日経った今もまだ腫れてかゆいです。抗ヒスタミン剤が入った虫刺され用の塗り薬も常備しておいた方がいいですね。

以上、かなり長くなりましたがここまで読んでいただきありがとうございました。これから海水浴やプールに行く方の参考になればうれしいです。

それでは! Enjoy! Summer!!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。