デスクワーカーでも簡単にできる毎日やるべきたった一つの体幹基本トレーニング!

満足度No.1の体幹トレーニング!

30歳を超えて、なかなか体重が落ちない。どうしようか悩んでませんか?

Apple Watchでエクササイズに目覚めたのはいいものの、30分のランニングを週3回ほどやってるだけじゃ体重って落ちません。特に30代の後半にもなると、基礎代謝も落ちるし、しかもデスクワークだとなおさら。

スポンサーリンク

そんな僕に追い打ちをかけたのが、この体組成計。

気に入った!Amazonで売れまくってる体組成計買いました...ファッ!?なにこの体脂肪率...

普段体重しか測ってなかったから、体組成計で測れるBMI・体脂肪率・内臓脂肪の値に、

「俺のデブ度はこんなにも進行してたのか...」

と、ただただ呆然...。

体脂肪率は「軽肥満」の、

体脂肪率表示

24.1%にまで達していました。

もうこれは本気でエクササイズに取り組まないとますます太る一方だ!ということで、前回紹介したスクワットのエクササイズに加えて、体幹トレーニングも取り入れることにしました。

デスクワーカーでも簡単にできるお腹の脂肪を取る方法!ポイントは基礎代謝を上げること!

なぜ体幹トレーニングなのか

ポヨンポヨンと膨らんだお腹を解決するには、体の内側から引き締める体幹トレーニングが効果的です。ポッコリお腹の原因は、「腹筋」「内臓の筋肉」「モモ裏の筋肉」「お尻の筋肉」の衰え。体幹トレーニングではこれらの筋肉を鍛えることで、ウエストが締まり、モモや背中周りがすっきりし、全身の脂肪が少なくなり筋肉が増え、やせて見えるようになるんです。

そのほか、体幹トレーニングをすることで、

  • 体幹の筋肉が増え基礎代謝が上がり太りにくい体質になる
  • 筋持久力が上がり疲れにくい体になる
  • 筋肉のバランスが矯正され、肩こりや腰痛の予防になる
  • 腰椎が安定し腹圧が上がるため姿勢が美しくなる

という、うれしすぎる効果があります。

これはやらない手はありません。

体幹トレーニングはこれだけ毎日やりなさい

エクササイズで一番大切なことは、たった一つ。

続けること。

これだけです。やったら効果が出る、やらなかったら効果は出ない。単純ですね。


「3日坊主」という言葉があります。最初の頃は色々とやるんだけど、3日も経てばなんとなーく面倒くさくなってきてやらなくなる。それで結局何も変わらない、というパターンが多いですよね、人生って。

じゃあ、続けるには何が重要か、それはシンプルなこと。

今回紹介する体幹トレーニングはたった一つだけ。これだけで、体幹トレーニングのすばらしい効果を得ることができるんです。

約3分半の動画です。

▼ 満足度No.1の体幹トレーニング!この1種目で腹筋・肩・お尻・胸の4つを同時に鍛える事が出来ます!

「腕立て伏せ」と「手をあげる」動きを組み合わせたシンプルトレーニングです。たったこれだけですが、腹筋・肩・お尻・胸の4つを同時に効率良く鍛えることができます。

  1. 腕立て伏せを行う姿勢をとります。
  2. 手は肩の幅、足は肩幅よりちょっと広くがポイントです。
  3. 腕立て伏せを1回したら、右手を挙げて5秒間姿勢をキープ。ポイントは頭から足先まで一直線にすること。
  4. 右手を下ろして腕立て伏せをもう1回。今度は左手を挙げて5秒間キープ。
  5. これを交互に限界を感じるまで繰り返す。

まずは10回ぐらいを目安にやってみてください。かなりきっついです、エグいです。

ただ、10回やるだけでも1分もかかりませんので、これなら毎日続けられそうです。僕はこれから30日間やってどれだけ痩せられるのかを検証してみようと思います。体重を減るのはうれしいですが、目的は体脂肪率と内臓脂肪を落とすこと。

あと、スクワットも一緒にやる予定です。ちゃんと落ちるとうれしいなぁ。

腕立てが苦手な女性はこの体幹トレーニングがオススメ

腕立てが苦手な方、特に女性は上記体幹トレーニングは難しいかもしれませんので、こちらの「プランク」と呼ばれるトレーニングがオススメです。ただ、見た目は簡単そうですが、こちらも結構きついですよ。その分、十分に体幹を鍛えることができます。

▼ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

  1. うつ伏せになり握りこぶしを床に縦につく
  2. 握りこぶしから肘までを床につけ体を支える
  3. 足のつま先を立て体を浮かせて10秒間キープ

こちらも、頭から足先まで一直線になるように意識するのがポイントです。
お腹のプニ肉解消になりますので、ぜひお試しください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。