Adobe CCをAmazonのセール価格よりも安く使う方法

Adobe Creative Cloud 壁紙

Adobe Creative Cloudを、毎月4,980円(年間プラン)払って使ってませんか?

ここ最近、Amazonで頻繁にAdobe Creative Cloud(以下、Adobe CC)の割引セールが開催されてます。そのセールでは、なんと!20%offで購入することが可能です。

スポンサーリンク

前回、割引セールが開催されたのは2015年の5月。

20%OFFは安い!アマゾンが「Adobe Creative Cloud」レジで割引キャンペーンを開催

それから3ヶ月後、2015年8月1日(土)0時00分〜8月28日(金)23時59分の期間で、再び20%offのキャンペーンが開催されています。

Adobeサマーセール最大20%OFF

Adobe CCはAmazon割引セールでいくらになる?

Adobe CCコンプリートプランの価格は以下の通り。

通常だと年間59,760円、月々換算4,980円。


これがAmazonのセールで、

Amazon価格(2015年8月5日現在)3%offの58,234円。
これから20%offで、46,587円、月々換算3,882円という価格になります。

毎月1,098円、年間だと13,173円のお得になります。

もっと安くAdobe CCを使うには学生になろう!

前置きが長くなりましたが、ここからが本題。

Adobe CCの料金プランには、上記通常価格(個人プラン)のほかに、「法人」「学生・教職員」「教育機関」の各プランが用意されています。その中でも特に安く設定されているのが「学生・教職員」のプラン。

なんと、年間23,760円、月々換算1,980円という、激安価格で利用可能です。

さすがにここまで安く使うことはできませんが、Adobe社が認定しているスクールパートナー通信講座の生徒になることで、かなり安くAdobe CCを使うことができます。

パートナーの一つである、デジハリオンラインスクールでは、

通常価格から、40%offの34,560円!月々換算2,880円!

で販売されてます。これはかなり魅力的ですね。

当然ですが、通信講座で購入したソフトだからといって、通常盤のAdobe CCと機能が違うということはありません。最新のPhotoshopやIllustratorを含む、すべてのAdobeソフトが使えます。機能は全く同じです。購入すると基礎講座が付いてきますが、追加料金はかかりません。

かくいう私も、現在使っているCS4からバージョンを上げてCCを使おうと思ってるんですが、デジハリオンラインでで近いうちに購入予定です。

Adobe認定スクールパートナー

アドビスクールパートナー

アドビ スクール パートナーについて | Adobe

アドビスクール パートナーは、アドビの製品の使い方を最初から学びたいビギナーの方から、アドビ製品のスキルを習得して転職などのキャリアップを目指す方など、幅広い方々に自社独自の教材およびトレーニングサービスを提供するパートナーです。アドビ製品の最新バージョンでトレーニング環境を整備し、最新のソフトウエアスキルについてのトレーニングを提供しています。

こういうシステムを用意していただいていることはすごく嬉しいですね。非常に助かります!感謝!

スクールパートナーには「プラチナ」と「ゴールド」の2種類があり、プラチナであれば通信教育コースでもアドビ製品の提供が認められています。一方のゴールドでは通信教育コースに在籍する受講者は認められませんので、ご購入の際は注意してください。

プラチナの中でも、価格が安いのはデジタルハリウッドとシンパシーですかね。デジタルハリウッドは税込34,560円、シンパシーは税込34,452円で販売されてます(2015年8月5日調べ)。

「Adobe Creative Cloud」が40%オフで手に入る! デジハリ・オンラインスクール
→ Adobe CCをアカデミック価格で購入できる通信講座のシンパシー(2016.5.4 追記:販売終了)

購入手続き後、サブスクリプション(契約期間)ソフトダウンロードカードが送られてくるので、配送期間3〜4日ほどかかることを見越して購入するといいかも。

■追記:2015.11.3 ようやく購入しました!
アドビ クリエイティブクラウド(Adobe CC)を月額2千円台という格安価格で購入!もちろんコンプリートです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。